FPが教える太陽光発電投資で利益を得る方法

太陽光発電投資の高利率を守るには○○に注意

ファイナンシャルプランナー 久保龍太郎
ファイナンシャルプランナー 久保龍太郎

太陽光発電、というと、まず目が行くのは利回りでしょう。しかし、どの投資商材もそうであるように、利回りだけを考えていると損をしてしまいます。なぜ利回りが高いのかをしっかり理解し、さまざまなリスクを踏まえたうえで、総合的に投資価値を判断することが大切です。また、太陽光発電投資は、パートナー会社の選び方で、その後の収益性が大きく違ってきます。これは意外に見逃しがちなポイントなので、深掘りして解説します。

ABOUT

太陽の光をお金に換える 太陽光発電投資とは?

太陽光を電気へと変換し、電力会社に販売

太陽光発電投資とは、太陽光発電システムによって太陽光を電気へ“変換”し、そして得られた電気を電力買取業者へ販売することで、収益を得る事業です。また、電気の買い取り価格(売電価格)は、原則として事業開始から“20年間”は一定とされています。

その為、初期費用に対する利益の割合(利回り)も考えやすく、長期的な事業計画を立てやすい投資と言えるでしょう。

基本的に、太陽光発電投資を始めるに当たって最大のネックは、最初に太陽光発電所を設置する為の土地の確保と工事費用です。太陽光発電所には太陽光パネルと変電設備、何よりそれらを置く為の土地が欠かせません。

しかし、太陽光発電所を設置した後は、安定した発電効率さえ維持できれば、太陽光がある限り電気(収益)を得られ続けます。その為、ビジネスとしてだけでなく、老後の年金補助として太陽光発電投資を始める人も少なくありません。

太陽光発電投資に必要なもの

太陽光発電投資を行う為には、何よりもまず、太陽光を電気へと変換してくれる「太陽光パネル」が必要です。

また、太陽光パネルによって発電される電気(直流)を、買取業者へ“売れる状態の電気(交流)”へと変換する「パワーコンディショナー」も欠かせません。その他、太陽光パネルに効率よく太陽光を吸収させようと思えば、適切な角度や高さで太陽光パネルを設置する為の「架台」も不可欠です。そして、これら一式が整えられて初めて「太陽光発電所」が完成します。

さて、太陽光発電投資には太陽光発電所が必要となりますが、そもそもそれを設置する為の場所、つまり「土地」も重要です。しかもこの土地は、ただ空間があれば良いというわけでなく、太陽光に適した“日当たりの良さ(日射量)”が担保されている場所でなければなりません。ましてや大きな発電力を求めようとすれば、必要な発電所の規模もそれに比例して大きくなる為、より広い土地が必要になるでしょう。

その為、特に都会などでは、この土地の確保こそが太陽光発電投資における最大の難関になる場合も少なくありません。

ただし、土地は必ずしも“地面の上”でなければならないというわけではありません。詰まる所、太陽光パネルを適切に設置して、日当たりが確保できる場所であれば構わないわけです。だからこそ、建物の屋根の上などを活用することも可能です。

太陽光発電投資は儲かるのか?

手堅く利益を出せると評判の太陽光発電投資ですが、いざ始めるとなると、「本当に儲かるのだろうか」と心配になってしまうのが正直なところ。そんな時には、確かな実績を持つ専門家の意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。

当サイトの監修者 久保龍太郎氏が手掛けたコラム「太陽光発電は本当に儲かる」では、太陽光発電投資が儲かる根拠が解説されています。太陽光発電投資へのチャレンジを迷っている方は、ぜひチェックしてみることをオススメします。

太陽光発電投資の最新事情

太陽光発電投資は初期投資費用が下がっています。太陽光発電投資と聞くと、莫大なイニシャルコスト(初期費用)を想像してしまいませんか?今では、初期費用は2011年から比べて、とても低くなっています。まずは現状から確認していきましょう。

太陽光発電を始めるには、まずFIT制度を知る必要があります。FIT制度は、電力会社による発電事業者からの電力買取制度で、その買取額が定義されます。

FIT制度が導入開始されて以降、10kW以上の産業用の太陽光発電施設の認定の伸び幅が顕著です。FIT制度導入前には560万kWの認定だったのに対して、2017年3月時点のFIT制度導入後は、導入前の認定量を加えた総量として9010万kWにも上ります。これだけの電力買取が認定されているということです。
参照:資源エネルギー庁 調達価格等算定委員会 議事録

売電価格の推移も気になりますよね。売電価格は年々下落傾向にあります。10kW以上の近年の産業用太陽光発電事業における価格は、下表のようになっています。

2012年 40円
2013年 36円
2014年 32円
2015年 27円※6月30日までは29円
2016年 24円
2017年 21円※2000kW以上は入札制

ですが、この価格推移には理由があり、経済産業省の資源エネルギー庁内で組織されている調達価格等算定委員会の議事録等でも示されていますが、「発電事業者・メーカー等の努力やイノベーションによるコスト低減を促す観点から、太陽光発電の価格目標を決定している」ものとなります。このことからも分かるように、必要となる初期投資費用額を下げる目的で、電力の買取価格を下げている背景があります。
10kW以上の発電施設のシステム費用の全体値は、2012年から2017年の間で12.6万円/kW(29.57%)も下がっています。このことから、以前に比べて参入ハードルは下がっていると言えますし、今後も低減傾向にあります。

2012年 42.6万円/kW
2013年 37.7万円/kW
2014年 34.3万円/kW
2015年 32.2万円/kW
2016年 31.6万円/kW
2017年 30.0万円/kW

土地の造成費にも目を向けましょう。活用する土地によっては、思わぬ出費になってしまう可能性もあるので、予め確認しておく必要があります。平均値では、整備規模が大きくなると比例して単価も上昇していきますが、ある程度の規模からは一定になるようです。

10kW以上50kW未満 0.51万円/kW
50kW以上500kW未満 0.59万円/kW
500kW以上1000kW未満 1.71万円/kW
1000kW以上 2.21万円/kW

また、出力制御対応機器の設置費用にも関心を払う必要がありそうです。依然に比べて、かかる経費の内訳が細分化しているので、可能な限り基礎額を確認しておきましょう。平均値は以下のようになっています。

10kW以上50kW未満 1.03万円/kW
50kW以上500kW未満 0.80万円/kW
500kW以上1000kW未満 1.35万円/kW
1000kW以上 1.23万円/kW

運用の際の維持費についてはどれくらいを見積もるといいでしょうか?この平均値では、50kW以上500kW未満の施設が一番低い額となっています。

10kW以上50kW未満 0.59万円/kW
50kW以上500kW未満 0.42万円/kW
500kW以上1000kW未満 0.55万円/kW
1000kW以上 0.63万円/kW

太陽光発電投資を検討している場合、これらの点を基礎的な最新情報として知っておくと良いでしょう。その上で、土地や設備の問題、融資を受けるのであれば出口戦略を含めて検討するといいでしょう。
参照:資源エネルギー庁 調達価格等算定委員会 議事録

REASON2

太陽光発電投資で 業者選びが重要な理由

多くの人が見落とす真実太陽光発電投資は21年目に輝く

太陽光発電投資は、20年間の固定価格買取制度により長期的に安定した利益をもたらしてくれる投資方法として知られています。
しかし、多くの人はその20年間にしか目がいっておらず、目先の利回りに踊らされてしまっているのです。
例えば、以下の2つの物件あなたならどちらを選びますか?

下記の表は左右にフリックできます。
売電単価 総工費 利回り 年間収益
40円1億円12%1200万円
21円1億円10%1000万円

多くの人が40円物件を選んだのではないでしょうか?
しかし固定買取制度が終わり売電価格が下がった場合、以下のような逆転現象が起きます。

下記の表は左右にフリックできます。
売電単価 21年目(12円想定)の年間収益
40円約360万円
21円約570万円

20年以上の長期的な安定収入を求めるのであれば、必ずしも売電単価の高い案件を選ぶことが正しいとは限らないのです。
また、この利回りはあくまで表面利回りであり、実質利回りは故障などによって落ち込むことも。
20年間の投資法だから20年持つものではなく、もっと先まで見据えることで表面利回りと実質利回りの安定に近づくことができます。

長期稼働を見据えることが20年間の利益をも守る

太陽光発電投資の利益を決めるのは“業者の選び方”

太陽光発電投資の利回りは何も問題なく設備が電気を生み出し続けて初めて実現するもの。
つまりは、設備の故障・不具合等で簡単に利回りが落ちてしまいます。
こういったリスクを抑えるためには、20年より先を見据えて丁寧な施工をされた物件を選び、メンテナンスをしっかり行ってくれる業者をパートナーにするべきなのです。

メンテナンスを怠る・施工自体が杜撰だと…

下記の表は左右にフリックできます。
直射日光にさらされ、ケーブルが断裂 数百万円単位の修理費
+
修理が終わるまで売電がストップ
架台故障 数百万円単位の修理費
+
太陽光の当たり方が変わり、シミュレーション値を下回る
除草 年間15万円程度
※しないと雑草により、太陽光が遮られ、利回りダウン

人が作ったものである以上、いずれは壊れてしまうものですが、適切にメンテナンスしていけば、30年以上にわたり稼働させ続けることは十分に可能です。実際、いくつかの太陽光パネルメーカーは、自社で30年以上にわたり太陽光発電設備を安定稼働させています。 当然のことですが、太陽光発電投資による利益は、長く続ければ続けるだけ増えていきます。利益を最大化するためには、設備のスペック以上に、確かなメンテナンスができる業者選びが大切となるわけです。

POINT その1
会社の実態を知ろう

10年、20年と長きにわたり付き合っていくことになるわけですから、誠実な営業を行っている業者を選ぶことが大前提です。 ここでは、管理会社の実態を把握するためのポイントを解説します。

POINT その2
施行した物件を見よ

専門家ではないからといって、物件を見て得るものがないということはありません。ポイントを押さえて見るべきところをしっかり見れば、その業者の施工技術をある程度判断することができます。