FPが教える太陽光発電投資で利益を得る方法

自己資金不要で始められる安定の高利回り投資

ファイナンシャルプランナー 久保龍太郎
ファイナンシャルプランナー 久保龍太郎

太陽光発電投資のメリットといえば、まず再生可能エネルギー固定価格買取制度によって、生み出した電気を20年間ずっと変わらない価格で、しかも必ず買い取ってもらえることです。加えて、かつては高額であった設備設置費も大幅に下がってきており、初期費用の低下による利回りの向上も見逃せません。
太陽光発電投資は安定性と利回りの高さから投資対象としての信頼度も高く、自己資金がない人でもフルローンで始められる点も魅力です。しかし一方で悪徳業者も多いため、パートナーに信頼の置ける業者を選ぶことが不可欠となります。

ABOUT

太陽の光をお金に換える 太陽光発電投資とは?

売電価格は事業開始から20年間一定!

太陽光発電投資_イメージ画像

太陽光から電気を生み、それを電力会社へ販売して売電収入を得る太陽光発電投資の主なメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 燃料代がかからない
  • 自動的にずっと発電し続ける
  • 電気は20年間ずっと同じ価格で販売可能
  • 初期費用と売電益が計算できる
  • 保険料やメンテナンス費など維持費に関するデータも豊富
  • 贈与税や相続税などの節税対策としても有効

発電設備が安定稼働する限り、電気が自動的に生み出され続ける太陽光発電投資は、適切な業者に任せていれば事業者は何もする必要はありません。そのような運用の容易さから、老後の年金補助としても非常に人気となっています。また、FIT制度のおかげで事業開始から20年間の利益や利回りがはっきりわかることから長期的な事業計画を立てやすく、金融機関から融資を受ける際にも有利とされています。

太陽光発電投資に必要な土地と設備

  • 太陽光パネルやパワーコンディショナーといった太陽光発電設備
  • 発電設備を設置する為の土地

太陽光を電気へ変換する太陽光パネルは、太陽光発電投資の要です。発電した電気を電力会社へ販売可能な状態に変換するパワーコンディショナーや、太陽光パネルを支える架台なども不可欠です。

また、そもそもそれらを設置できる土地(空間)がなければ始まりません。とはいえ、太陽光発電投資に最適な土地を選ぶ際、不動産投資のように地価を気にする必要はありません。

太陽光発電投資の設備選びや土地選びで重要なポイントは、いかに効率よく発電するかということです。そしてその為に考慮すべきは、その土地の日射量や、土地から見る太陽の向きや角度です。

言い換えれば、それなりに日射量があって、架台などで太陽光パネルと太陽の位置を調節できる土地であれば、それは田舎の空き地や自宅の屋上でも問題ありません。このように土地のポテンシャルと地価が比例しないことも、太陽光発電投資が誰にでも始めやすい理由のひとつといえるでしょう。

太陽光発電投資は儲かる!7つのメリット

  • 1FIT制度で20年間の価格保証
  • 2利回り10%超物件も多数
  • 3初期費用をフルローンでまかなえる
  • 4発電設備や専用の土地がなくても安心
  • 5低リスク
  • 6専門業者がいる
  • 7未来につながるエネルギー

投資事業としての抜群の安定感

太陽光発電投資の最大のメリットのひとつである、一定の売電価格。それを保証するFIT制度は国が定めたルールであり、極論すれば国が期間中の収益を保証してくれているということです。

収益が保証されているということは、初期費用を下げるほど利回りが向上するということです。発電設備の価格は昔に比べて大幅に下がっており、FIT価格が低下している中でも、回り10%台の投資物件も少なくありません。また、金融機関の融資先としても太陽光発電投資は好評で、発電設備や土地、自己資金がない人でもファンドやフルローンで事業を始められる点も魅力です。


何もしなくても収益を得られる

太陽光発電投資には定期メンテナンスが欠かせませんが、太陽光パネルなどはそもそも長期稼働を前提とされたもの。適切な専門業者に依頼しておけば、あとは太陽が勝手に電気を生み出してくれます。そのうえ、不動産投資のような空き室リスクや、企業倒産リスクの心配もありません。

もちろん、台風などの災害や設備の故障といった恐れもありますが、それは適切な保険やパートナー業者選択によって、適宜リスク管理をすることが可能です。


太陽光発電投資を始めるなら今このタイミング

FIT価格は制度開始のころと比べると半値ほどに下落している実態がある一方で、太陽光パネルの価格は当時の数分の一にまで下がっており、しかも発電効率は飛躍的に上昇しています。

太陽光発電投資で考慮すべきは初期費用とFIT価格とのバランスです。FIT価格は今後さらに下がると予想されており、太陽光発電投資を始めるのは今こそがチャンスと言えるでしょう。

当サイトの監修者 久保龍太郎氏が手掛けたコラム「太陽光発電は本当に儲かる」では、太陽光発電投資が儲かる根拠が解説されています。太陽光発電投資へのチャレンジを迷っている方は、ぜひご確認ください。

リスクを回避する業者選びの重要性

太陽光発電投資のリスクとデメリット

  • 災害や設備故障による発電停止
  • 無視できない維持費
  • 悪徳業者や手抜き工事などによる事故
  • 土地環境の変化
  • FIT価格の下落やFIT期間終了後の見通し
  • 出力抑制

太陽光発電投資は安定性の高い事業ではありますが、このようなデメリットから目を背けるべきではありません。これらリスクを回避するうえで大切なのは、適切なパートナー業者選びです。


販売業者を正しく選べばリスクを下げられる

災害や設備故障など、太陽光発電投資には常にリスクがあります。だからこそ適切な保険に加入し、信頼できる業者に定期メンテナンスを任せ、発電設備の状態を確認しなければなりません。

ただし、ここで問題になるのが悪徳業者の存在です。残念ながら太陽光発電投資は人気のある事業だからこそ、悪徳業者にも目を付けられやすい商材です。業者それぞれの実績や経験といった情報の見極めは不可欠となります。

また、情報収集の重要性は土地選びでも同様です。現在は日射量が多い土地でも、近隣にビルが建って日陰になったり、行政の開発計画があったりすれば、事業が頓挫してしまう恐れもあります。電気の需要が低い地域では、出力抑制によって電気が売れないという事態におちいる可能性もゼロでありません。FIT価格の現状や関連制度も気になるポイントです。

太陽光発電投資の最新事情

太陽光発電投資は初期投資費用が下がっています。太陽光発電投資と聞くと、莫大なイニシャルコスト(初期費用)を想像してしまいませんか?今では、初期費用は2011年から比べて、とても低くなっています。まずは現状から確認していきましょう。

太陽光発電を始めるには、まずFIT制度を知る必要があります。FIT制度は、電力会社による発電事業者からの電力買取制度で、その買取額が定義されます。

FIT制度が導入開始されて以降、10kW以上の産業用の太陽光発電施設の認定の伸び幅が顕著です。FIT制度導入前には560万kWの認定だったのに対して、2017年3月時点のFIT制度導入後は、導入前の認定量を加えた総量として9010万kWにも上ります。これだけの電力買取が認定されているということです。
参照:資源エネルギー庁 調達価格等算定委員会 議事録

売電価格の推移も気になりますよね。売電価格は年々下落傾向にあります。10kW以上の近年の産業用太陽光発電事業における価格は、下表のようになっています。

2012年 40円
2013年 36円
2014年 32円
2015年 27円※6月30日までは29円
2016年 24円
2017年 21円※2000kW以上は入札制

ですが、この価格推移には理由があり、経済産業省の資源エネルギー庁内で組織されている調達価格等算定委員会の議事録等でも示されていますが、「発電事業者・メーカー等の努力やイノベーションによるコスト低減を促す観点から、太陽光発電の価格目標を決定している」ものとなります。このことからも分かるように、必要となる初期投資費用額を下げる目的で、電力の買取価格を下げている背景があります。
10kW以上の発電施設のシステム費用の全体値は、2012年から2017年の間で12.6万円/kW(29.57%)も下がっています。このことから、以前に比べて参入ハードルは下がっていると言えますし、今後も低減傾向にあります。

2012年 42.6万円/kW
2013年 37.7万円/kW
2014年 34.3万円/kW
2015年 32.2万円/kW
2016年 31.6万円/kW
2017年 30.0万円/kW

土地の造成費にも目を向けましょう。活用する土地によっては、思わぬ出費になってしまう可能性もあるので、予め確認しておく必要があります。平均値では、整備規模が大きくなると比例して単価も上昇していきますが、ある程度の規模からは一定になるようです。

10kW以上50kW未満 0.51万円/kW
50kW以上500kW未満 0.59万円/kW
500kW以上1000kW未満 1.71万円/kW
1000kW以上 2.21万円/kW

また、出力制御対応機器の設置費用にも関心を払う必要がありそうです。依然に比べて、かかる経費の内訳が細分化しているので、可能な限り基礎額を確認しておきましょう。平均値は以下のようになっています。

10kW以上50kW未満 1.03万円/kW
50kW以上500kW未満 0.80万円/kW
500kW以上1000kW未満 1.35万円/kW
1000kW以上 1.23万円/kW

運用の際の維持費についてはどれくらいを見積もるといいでしょうか?この平均値では、50kW以上500kW未満の施設が一番低い額となっています。

10kW以上50kW未満 0.59万円/kW
50kW以上500kW未満 0.42万円/kW
500kW以上1000kW未満 0.55万円/kW
1000kW以上 0.63万円/kW

太陽光発電投資を検討している場合、これらの点を基礎的な最新情報として知っておくと良いでしょう。その上で、土地や設備の問題、融資を受けるのであれば出口戦略を含めて検討するといいでしょう。
参照:資源エネルギー庁 調達価格等算定委員会 議事録

REASON2

太陽光発電投資で 業者選びが重要な理由

長期収益には「安定」「確実」なパートナー選びが不可欠

太陽光発電投資を始めるにあたり、まずは売電単価(FIT価格)、総工費、利回り、年間収益に着目するのが定石です。
しかし、売電単価は太陽光発電投資にとって最重要ポイントのひとつでありながら、個人で決定できるものではありません。経済産業省資源エネルギー庁の調達価格等算定委員会によって毎年見直され、事業開始年の単価がその後も反映され続けます。


長期安定収益を生むシミュレーション設計

以下の2つの物件、あなたならどちらを投資対象に選びますか?

下記の表は左右にフリックできます。
売電単価 総工費 利回り 年間収益
40円1億円12%1200万円
21円1億円10%1000万円

単価の高い「40円」の方を選んだ人が多いのではないでしょうか。
しかし、FIT期間の終了後、つまり売電単価が下がった場合、年間の予想収益も大きく変動することを忘れてはいけません。


21年目から売電単価が12円に下がったら?

下記の表は左右にフリックできます。
売電単価 21年目(12円想定)の年間収益
40円約360万円(840万円減)
21円約570万円(430万円減)

売電単価が21年目以降に12円になると、年間収益は単純計算でそれぞれ40分の12、40分の21となり、上の図のような逆転現象が起こります。
売電単価だけを見ていては、その太陽光発電施設のポテンシャルは図れません。ここで注目すべきは、発電効率です。2つの太陽光発電施設を比較すると、売電単価1円ごとの年間収益(発電効率)は、前者が30万円、後者はおよそ47.6万円となり、そこには1.5倍以上の差があります。
発電効率は太陽光パネルの性能などに依存します。発電設備を変えずに売電単価が12円に下がったとすれば、売電単価が21円の時に始めた太陽光発電投資施設の方が、長期的な利益を上げられるのです。

適切なパートナーと適切なシミュレーション設計を!

繰り返しとなりますが太陽光、太陽光発電投資で収益を上げ続けるためには、目先の売電単価だけに踊らされてはいけません。
初期費用の額やローンの返済利息、高額な設備費用を減価償却した際の節税効果、FIT期間中や終了後の年間収益など、さまざまな要素を考慮した長期的事業計画をシミュレーションすることが大切です。

メンテナンスと事業計画策定に強い業者をパートナーに!

とはいえ、これらの要素を個人で完璧に管理することは困難です。
また、太陽光発電設備のメンテナンスには専門知識や経験が必要な部分も多く、時間的にも技術的にも個人がすべてを適正かつ安全に行おうとすることは、現実的でありません。
だからこそ、プロの手によるメンテナンスが大切となります。適切なコンディションを維持し続けられれば、太陽光発電投資では30年以上にわたって利益を上げられることも決して珍しくありません。

パートナー業者選びが30年先の未来を決める

専門知識や経験の豊富な業者をパートナーとし、まずは長期事業計画を策定します。そのうえでプロの手によるメンテナンスを任せ、発電効率をキープすることが必須です。
初心者がシミュレーション時に見落としがちな点のアドバイスなども考えると、設備機器のみならず、金融や人生設計などについての知見もある、信頼できるパートナー業者を見つけることが肝要です。

POINT その1
会社の実態を知ろう

10年、20年と長きにわたり付き合っていくことになるわけですから、誠実な営業を行っている業者を選ぶことが大前提です。 ここでは、管理会社の実態を把握するためのポイントを解説します。

POINT その2
施行した物件を見よ

専門家ではないからといって、物件を見て得るものがないということはありません。ポイントを押さえて見るべきところをしっかり見れば、その業者の施工技術をある程度判断することができます。