太陽光発電投資の基礎知識

TOP  太陽光発電投資の基礎知識

太陽光発電投資で利益を上げるために知っておきたい基礎知識

太陽光発電投資の基礎知識_イメージ画像

太陽光発電投資とは、郊外など安い土地に太陽光発電設備を設置し、発電した電気を売却して利益を得る投資のことを指します。

太陽光発電と聞くと戸建ての屋根の上に太陽光パネルが並んでいる姿をイメージするかもしれませんが、太陽光発電投資で用意する設備はもっと大きなものです。太陽光がよく当たる広く平らな土地に、基礎を固定し、太陽光パネルを均等に並べます。

太陽光発電は、設備が故障していない限り太陽光があれば発電できるため、不動産投資のように空き室による利益の損失などがありません。また、気になる電気売却価格ですが、固定買取価格制度により20年間は売却価格は一定で株式投資のように売値が下がりません。

長期的に安定した収入を得たいと考える人にとって魅力の多い資産運用方法です。ここでは、そんな産業用太陽光発電投資に関する基本的な知識をまとめています。導入を検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

太陽光発電投資はどのように利益を上げるのか

太陽光発電投資は、発電した電力を電力会社に売ることで利益を上げます。電力の買取価格は、発電設備が稼働を開始した年度によって決められていて、稼働開始から20年間は減額されることなくずっとその価格で買取ってもらえます。

売電によって得られる収入は、不動産投資における家賃収入に似ています。ただ、入居者がいなくなれば収益の途絶える不動産投資と違い、太陽光発電は日光さえ当たれば収益が見込めます。

低リスクでミドルリターンな太陽光発電投資ですが、だからといって何も調べずに高額を投資すると痛い目を見ます。

不動産投資にせよ株式投資にせよ、投資には何らかのリスクがつきものです。太陽光発電投資も例外ではなく、設備の故障や自然災害など思いもよらないトラブルに見舞われ、赤字になることもあります。

節税による投資額節約・保険による損害回避・計画的な投資戦略など、投資のリスクを知っておけば、トラブルを回避し利益を増やせます。投資による収入を増やすためにも、太陽光発電投資における知識をしっかり知ることが大切です。ここでは、太陽光発電投資で知っておくべき事柄を掲載しているので、ぜひ確認してみてください。

20年間は売電価格が下がらない固定買取制度とは

固定価格買取制度とは、クリーンエネルギーの普及のために国が立ち上げた制度です。電力の単価を国が決定し、その価格での20年間の電力買取を電力会社に義務付けることで、太陽光発電設備等の導入を後押ししようというのがその要旨です。

電気を売る売電の仕組みは

売電には2つの種類があります。1つは、発電した電気を家庭で使い、余った分を電力会社に買取ってもらうというもの。もう1つは、発電した電気をすべて電力会社に買取ってもらうというものです。
投資目的で太陽光発電設備を運用する場合は、後者の売電方法が適用されます。

太陽光発電投資のメリットはその安定性

天候によって発電量に差は出ますが、太陽光発電は長いスパンで見れば安定的に利益を生み出してくれます。
この安定性とリスクの低さが太陽光発電投資の大きなメリットですが、実はそれ以外にも見逃せない利点があるのです。以下のページで詳しく紹介します。

太陽光発電投資のデメリットは定期的なメンテナンス

太陽光発電投資にもデメリットはあります。いくら安定した収益が見込めると言っても、ずっと手放しで運用できるものでもありません。
定期的なメンテナンスは不可欠であり、相応のコストも掛かります。
ここでは、そうした運用上のデメリットについて紹介します。

太陽光発電投資のリスク

太陽光発電投資には、太陽光発電投資ならではのリスクがあります。しかしどのリスクも、しっかり情報収集をして対策を立てれば致命的な損失は免れます。
以下のページでは、、知っておきたい太陽光発電投資のリスクを解説します。

長期的な利益を得るために知っておきたい物件の選び方

太陽光発電投資で得られる売電収入は、その設備がどの年度に認定されたものかによって違ってきます。制度が始まった2012年度が最も高く、以降は年を追うごとに売電単価が下がっていきます。
しかし実は、売電単価だけを見て設備を選ぶと最終的に損をしてしまうリスクも。以下のページで詳しく紹介します。

太陽光発電投資の節税方法

太陽光発電投資の節税対策として有効だった「即時償却制度」は終了しました。しかしその他の対策として、中小企業等経営強化法が定める「経営力向上計画」の認定に伴う支援措置があり、固定資産税の減額が望めます。

不動産投資の出口戦略

運用中の資産を、損失を最低限に抑えて手放す「出口戦略」の一つとしては、不動産投資における「事業用資産の買い替え特例」があり、条件次第で売却時の節税が可能です。またこれは太陽光発電投資にも適用されます。

太陽光発電投資における資金調達の方法

太陽光発電投資を始めるにあたり、まず考えなければならないのが資金調達。高額な初期費用をまかなうためには融資を受けるのが一般的ですが、一体どこから融資を受ければ良いのでしょうか?以下のページでは、融資先による違いやメリット・デメリット、融資を受ける際の注意点などをまとめています。

太陽光発電投資に向いている条件

太陽光発電投資には、設備を設置する土地や家などの条件によって向き・不向きがあります。自分の用意できる条件が太陽光発電投資に向いているのか、向いていないのか…客観的に判断した上で判断する事が重要です。

太陽光発電投資での利回り

太陽光発電投資をはじめる前に、利回りについてしっかり考えておきましょう。初期費用や補助金、発電量などを把握し、正確なシミュレーションをしておけば、実際のどのくらいの儲けが見込めるのかが予想できます。

太陽光発電の投資効率を上げる方法

太陽光発電投資の事業者にとって、降り注ぐ太陽の光は「収入」そのもの。太陽や天候を操作することはできませんが、発電設備を見直すことで、投資効率を高めることは可能です。

太陽光発電投資の保険活用方法

太陽光発電投資で利益を出すには、長い期間をかけて初期費用を改修する必要があります。その間に起きるかもしれない万が一のトラブルに備え、保険の活用方法を覚えておきましょう。

太陽光発電投資の入札制度

2017年に施行された改正FIT法により、太陽光発電の売電価格に入札制度が導入されました。事業主にとっては収益に直結する重要な問題。その仕組みや背景についてまとめています。

太陽光発電投資のメンテナンス

太陽光発電投資において、計画通りの発電量を維持することは非常に重要。そのために不可欠なのが、設備や環境に対する定期的なメンテナンスです。業者に依頼するものだけでなく、自分でできる手入れについてもチェックしておきましょう。

農地転用で太陽光発電投資をはじめる方法

使っていない農地を活用して太陽光発電投資をはじめたい…そんな時、避けて通れないのが農地転用の手続き。農地転用が認められる条件や、そのメリット・デメリットについて紹介いたします。

ソーラーシェアリング

ひとつの土地で農業と太陽光発電投資を両立し、両方の事業で収益を上げるのが「ソーラーシェアリング」という考え方です。この技術をうまく導入すれば、農地のスペースを最大限に活用できるかもしれません。

太陽光発電投資の歴史

そもそも太陽光発電とは何なのか?どういった経緯で誕生し、現在のように人気となったのか?その歴史や仕組みを学び、今後の展開に備えておくことも重要です。

太陽光発電投資の補助金制度

太陽光発電投資には、補助金制度があるのをご存知ですか?初期費用を抑えて事業の収益性を高めるためにも、積極的に活用しましょう。

電力自由化の影響

電力自由化によって、発電した電力の販売先を自由に選択できるようになりました。この制度の背景や目的、太陽光発電投資への影響について詳しく解説いたします。

太陽光発電投資の将来性

何か投資を考えるとき、最もチェックしておきたいのは投資する対象の将来性です。ここでは、太陽光発電がエネルギー資源として日本国内でどういう役割を担っていくのか、国際的な傾向なども踏まえながら解説します。

太陽光発電投資の2019年問題

再生エネルギー固定価格買取制度(FIT)が開始された2009年に住宅用太陽光発電を始めていた人に対し、10年間の買取期間が2019年に終了します。FITによる売電権利や価格保証が失われる影響で、太陽光発電投資はどう変化していくのか。太陽光発電投資の2019年問題の概要と対応策を解説します。

太陽光発電投資のローンシミュレーション

そもそも投資は、収益を生むために行うものです。太陽光発電投資では、ローンを組んだ方が、収益が上げられます。その内容を、シミュレーションを通じてご紹介します。ローンを組む先についても確認してみてください。

太陽光発電投資の基礎知識は専門家に教えてもらうと効率的

太陽光発電投資で投資リスクを低コストで減らす方法は、事前知識をしっかり得ることです。知るべきことが多すぎて、何から調べればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。また忙しくて調べる時間が足りないという人もいるはずです。

効率よく太陽光発電投資の基礎知識を得る方法は、信頼できる業者に相談することです。専門家に相談すれば、基礎知識だけではなく、太陽光発電投資の現場の声を知ることもできます。

心配なのは悪い業者に相談して嘘を教えられてしまうことです。怪しい業者に騙されないためには、複数の業者に相談することをおすすめします。相談する業者の数が多いほど正しい知識が集まりますが、それに比例して相談時間が長くなるので、忙しい人には不向きです。

短時間で効率よく基礎知識を得たいのならば、Qvouのような複数の事業を展開し20年以上経営が続いている信頼できる企業に相談することをおすすめします。