太陽光発電投資の基礎知識 太陽光発電投資の今後

TOP  太陽光発電投資の基礎知識  太陽光発電投資の将来性

今後、太陽光発電投資はどうなっていくのか

近年太陽光発電投資が注目を集めていますが、気になるのはどのくらい将来性のある分野なのか、ということですよね。
ここでは、太陽光発電が今後どういった方向で活用されていくのかについてまとめてみました。

再生可能エネルギーの需要は今後も減らない

国際的に見ても、再生可能エネルギーの活用は重要な課題です。
再生可能エネルギーとは、太陽熱や水力、風力、バイオマス(生物資源)等を基にした、短いスパンで生み出すことのできるエネルギーです。
現在の人類のエネルギー源は、石油や石炭といった化石燃料です。化石燃料には限りがあり、万が一これが枯渇してしまうと、世界規模でパニックが起きてしまいます。
このため、化石燃料に依存しない、再生可能エネルギーを活用することが、世界的に大きな課題となっているわけです。
そして、いくつかある再生可能エネルギーの中でも、とくに今後の普及が見込まれているのが太陽光発電です。

環境省 平成26年度2050年再生可能エネルギー等分散型エネルギー普及可能性検証検討委託業務報告書 第4章 グラフ
出典元:環境省 平成26年度2050年再生可能エネルギー等分散型エネルギー普及可能性検証検討委託業務報告書 第4章より

国が20年間電力の買取価格を固定する固定価格買取制度を設けたり、さまざまな税制優遇措置を立ち上げたりしていることからも見て取れますが、関係各省庁が提示しているさまざまな資料からも、太陽光発電の将来的な見通しは明るいと判断することができます。
例えば上記のグラフは環境省が出している資料ですが、2050年まで右肩上がりで普及が続くことが見込まれています。
また、注目度が高まっているとは言え、現在の日本は先進国の中でもとくに太陽光発電の導入が遅れています。
市場の将来性は明るく、伸びしろもまだ十分以上に残されているわけです。

固定買取価格制度が終わっても売電できるか

現在、太陽光発電による電力の買取価格は固定されています。しかし運用から20年が経過すると、その制度の対象外となり、買取価格は市場から見て適正なものに調整されます。
このため、運用開始から20年が経過すると、十分な収益が得られないのではないかという不安も聞こえてきます。
固定価格買取制度が終了することによって収益が減るのはほぼ確実です。しかし運用する価値がない、というレベルにまで収益が落ち込むことはほとんど考えられません。
というのも、例え下がっても売電単価10円台前半程度までというのが大方の見込みだからです。

金額は10円台前半くらいに落ち着くのでは

固定価格買取制度が終了した場合についてですが、経済産業省資源エネルギー庁の公式ページに、「買取期間が終了した後の買取条件については、発電事業者と電力会社との合意により買取価格を決めてもらうことになる」という旨の記載があります。
国が価格を固定した上で電力会社に買取を義務付けていたものが、市場から見た適正な価格で自由に取引が行われるようになるわけです。
とはいえ、電力の需要がいきなりなくなることは考えられませんし、太陽光発電による電力は今後のエネルギー源の主力です。
太陽光発電の先進国であるドイツでは、売電単価は円換算で10円前後に落ち着いています。日本の場合も、概ね同水準の買取価格に定着することが見込まれています。

太陽光発電投資の今後も明るい

水力・火力・バイオマスなど、クリーンエネルギーを得るための発電技術は、世界的に導入が進められています。中でもとくに太陽光発電は導入しやすく、しかも使い勝手のいい発電設備とされ、重宝されています。
しかし、日本における太陽光発電の普及度は、先進各国の平均的な水準からかなり遅れています。
国も太陽光発電の普及を推進するためにさまざまな制度を立ち上げていますが、まだまだ十分とは言えません。少なくとも今後数十年にわたり、太陽光発電はさらに存在感を増していくことでしょう。
今のところ、太陽光発電の将来は明るいと言い切ることができます。

導入するとなれば、早めの決断が賢明

とは言え、太陽光発電の売電価格については下落傾向が続いているのが現状。より高性能な発電設備が開発されたり、事業者にとって有利な制度が施行されたりする可能性も考えられますが、確実に収益を確保できるという点では、早めに投資を開始するのは賢明な選択と言えます。 ただし、焦るあまり悪徳業者に依頼をしてしまうといったミスは絶対に避けなければいけません。太陽光発電投資の成功には、信頼できる業者の存在は不可欠。悩んでしまった時には、実績や知識の豊富な専門家に相談してみるのも良いでしょう。