太陽光発電投資の基礎知識 太陽光発電投資における保険の活用方法

TOP  太陽光発電投資の基礎知識  太陽光発電投資における保険の活用方法

太陽光発電投資のリスク管理保険を上手に活用しましょう

太陽光発電投資による収益で初期費用を回収するまでには、長い期間が必要です。そして、それは安定した発電効率を維持させることが前提となっています。そのため、万が一のトラブルに備えておく保険などは重要なポイントです。

太陽光発電投資における保険の重要性

太陽光発電設備は、機械です。しかも、基本的には屋外で自然の影響にさらされ続けるシステムです。機械は、それがどんなものであれ、定期的なメンテナンスを行っていたとしても、経年劣化を完全に防ぐことは不可能です。また、台風や地震、その他の様々な災害によって劣化がさらに進行したり、最悪の場合は設備が破損してしまったりすることもあるでしょう。そうなった場合、思わぬ修理費用などが必要になります。

太陽光発電投資に関わる各種保険は、そのような場合において、修理費用などを補償してくれる心強いシステムです。しかし、災害やトラブルは必ずしも起こるとは限らず、そう考えると毎年の保険金を必要経費でなく、無駄金と感じてしまう人もいるでしょう。

万が一の状況に備えて保険をかけておくか、リスクを承知で保険金を節約するかは、人それぞれの考え方です。とは言え、様々なパターンを想定して、しっかりとしたリスク管理を徹底しようとすることは、どのような選択をするにしても重要なことに違いありません。

太陽光発電投資に関連する保証や保険には色々なものがあります。自分が太陽光発電所を設置する土地環境や、メーカーごとの機械や部品の耐用年数、年間の保険金の支払い額や保険料の支払い条件について、総合的に考えながら、納得のいく選択しましょう。

メーカーや業者ごとの保証と保険

太陽光発電設備は、太陽光パネルをメーカーから購入したり、設置工事を業者に委託したりする為、原則的にはある程度のメーカー保証などが用意されています。例えば、以下のようなものがそれに当たります。

  • 太陽光パネルに関するメーカー保証
  • パワーコンディショナー(直流交流変換機)に関するメーカー保証
  • 工事の不備などによるトラブルに対する施工業者の保証

まず、太陽光パネルに関するメーカー保証は基本的に、パネルに機械的な不具合などが生じた際、その部品を交換したり、故障部分を修理したりしてくれるというものです。そして、中には極めて長期間の保証を行っているメーカーもあります。

しかし、メーカーが保証してくれるトラブルは、あくまでも「初期不良や、通常の使用の中で自然的に生じた故障」に限られます。例えば、「台風によってパネルが破損した」場合や、「最初の頃に比べて“経年劣化に伴う想定範囲内で”発電出力が低下した」という場合には、保証を受けられない場合がほとんどです。

パワーコンディショナーは、太陽光パネルで発電した電気を、電力会社へ売る為に必要な状態へ変換する為の機械です。つまり、パワーコンディショナーに不具合が生じると、発電効率そのものに問題がなくとも、それで収益を得ることができなくなります。

パワーコンディショナーの保証期間や保証内容は、その種類や出力によって大きく変わりがちですが、太陽光パネルに比べて耐用年数が短いことが大半ですので、最初に確認しておかなければなりません。また、個人宅などで太陽光発電投資を行う際、太陽光パネルは屋根の上などに設置しますが、パワーコンディショナーは自宅の裏など“定期的に確認しやすい場所”に設置します。その為、例えば土地環境によっては、洪水で自宅が水没した時に、パワーコンディショナーが破損してしまうというような場合もあるでしょう。

その他、海に近い土地では、潮風による塩害被害について考えることも不可欠です。パワーコンディショナーの種類によっては塩害対策が施されているものもあれば、塩害は保証外というものもあり、自分の事業に合った機種を慎重に選ばなければなりません。

また、設置工事の不備などにより、太陽光パネルが落下したり、傾斜角度が変わってしまったりすることもあり得ます。そのようなトラブルに関しては、施工業者に保証してもらうことになります。ただし、気をつけなければならないのは、悪質な施工業者の中には、長期保証を謳っておきながらも、数年後には会社を解体して行方をくらましてしまうところもあるということです。加えて、それが本当に工事の際の不備によるものか、それとも災害などが原因の不具合なのか、厳密に確定することが難しい時もあるでしょう。その為、何よりもまずは、きちんとした実績を持ち、また十分に信頼できる施工業者を選定することが大切です。

火災保険の活用

実は、太陽光発電投資には、不動産投資に関する助成制度や節税対策が適用されることもあるせいか、不動産投資と同じような意識で太陽光発電投資を捉えている人もいます。

そしてそう考えると、一軒家やマンションの購入時に火災保険に入る感覚で、太陽光発電に関しても火災保険に入ることは自然かも知れません。

実際、メーカー保証などでは保証されない「台風・落雷・火災・落下物・降雪…etc」による被害の対策として火災保険に加入することは、リスク管理を考える上で重要なポイントでしょう。また、その際は「地震」に関する内容を追加する人も多いようです。

ただし、太陽光発電に関しては、長期間の稼働の中、通常の火災保険ではカバーしきれないトラブルも想定されます。

動産総合保険とは

動産総合保険とは、太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの設備システムや電化製品などに対して、火災保険よりも広い範囲でカバーしてくれる保険です。

基本的には火災保険と重なる部分も多いのですが、動産総合保険では、盗難など「不測かつ突発的な事故」に対しても補償してくれる為、より安心度を高めたい人にとって有用な保険の一つでしょう。

休業損害補償保険とは

火災保険や動産総合保険は、太陽光パネルのトラブルなどについて補償してくれますが、その修理や再稼働までに必要な期間中、発電による収入が止まってしまうことに対してまでは補償してくれません。そのような時に役立つ保険が、休業損害補償保険です。

休業損害補償保険に関しては、保険料だけでなく、収益の額や利回り率、また想定される休業期間など総合的に見て判断することが大切です。

保険料の目安は

年間の保険料の総額がどれくらいになるかは、太陽光発電所の規模や、選ぶ保険の内容、補償額の上限などによって大きく変わる為、一概に言い切ることは難しいです。

しかし、一般的に見た場合、基本の火災保険料率「年間1.5~2.5%」や動産保険料率「年間2.5~3.5%」などの目安もあり、それらに補償額を乗算すれば、最低限の保険料を想定することは可能です。

保険料や内容、特約については保険会社などによってまちまちなので、色々な会社の保険商品を比較して、最適なものを選びましょう。

まとめ

太陽光発電投資において保険は重要ですが、不必要な保険に加入して、その保険料によって収益が圧迫されては本末転倒です。

自分の発電環境にとって何が重要で何が不要か、冷静に見極めることがリスク管理の神髄です。