太陽光発電投資の基礎知識 太陽光発電投資におけるメンテナンスの重要性

TOP  太陽光発電投資の基礎知識  太陽光発電投資におけるメンテナンスについて

太陽光発電投資を成功させる秘訣定期的なメンテナンスについて

太陽光発電投資で望ましい収益を得るには、最初の事業計画が重要です。しかし、計画通りの発電力を維持するには、定期的なメンテナンスが欠かせません。今回は太陽光発電所のメンテナンスについて考えてみましょう。

太陽光発電投資におけるメンテナンスの必要性

太陽光発電設備に不具合が生じて発電が滞った途端、売るべき電気が得られなくなり、一切の儲けが出なくなります。しかも、修理や問題解決には予想以上の費用がかかることも珍しくありません。

また、明確な故障や不具合がなかったとしても、環境の変化が発電所にマイナス影響を与えることもあります。

太陽光発電における“メンテナンス”には、機械的なものだけでなく、周辺環境に対するものがあるということも、覚えておくべきポイントです。

太陽光発電投資では理想の発電効率を安定して保てるかどうかが、しっかりと収益を上げられるかどうかの鍵になります。そして同時に、必要なメンテナンスを日常的に行っておくことが、実はリスク管理や、総合的な維持費を安く抑える為に最大の秘訣でもあると言えるでしょう。

太陽光発電投資におけるメンテナンスとは

そもそも、太陽光発電設備におけるメンテナンスとは、一体どのようなことを言うのでしょうか。

太陽光発電事業によって収益を上げる仕組みは、太陽光パネルによって発電した電気(直流)を、電力事業者へ提供できる電気(交流)に変換した上で販売する、という流れが一般的です。そして、太陽光発電事業者が負うべきメンテナンスの責任の範囲は、太陽光パネルからパワーコンディショナーなどの機械で電気が変換されるまで、つまり「直流電気」に関わる範囲となっています。

さて、それでは太陽光発電事業者が考えるべきメンテナンスとしては、一体どのような種類があるのでしょう。そこにはまず、機械的なものに関わるメンテナンスと、環境的なものに関わるメンテナンスがあります。

太陽光発電設備に対するメンテナンス

機械的な部分に関するメンテナンスには、まず太陽光パネルに対するものが挙げられます。そして、それと並んでパワーコンディショナーなどの専用機械に対する内容もあるでしょう。

太陽光発電所の機械的メンテナンスには、例えば以下のようなものがあります。

  • 太陽光パネルの清掃
  • 発電所の各部位のチェック(破損・さび・ネジの緩み・ケーブルの断線や劣化・フィルターの汚れ……等々)
  • 発電量や発電設備のシステムに対する現地確認・遠隔監視

機械的なメンテナンスには専門業者の作業が必要になる場合が多く、その分だけ費用もかかります。しかし、トラブルは発電力の低下だけでなく、感電や火災などの事故原因にもなる為、おろそかにできません。

太陽光発電所の稼働環境に対するメンテナンス

雑草の除去や、周辺に散らばる石やゴミの撤去、太陽光パネルの下の除雪など、太陽光発電所を取り巻く環境に関するメンテナンスも重要です。

雑草や雑木によって太陽光パネルに降り注ぐ日光が遮られてしまうと、発電効率の低下を招きますし、また雑草が茂った状態ではケーブルの劣化や設備の破損についても見落としやすくなります。

メンテナンス費用を考える

きちんとしたメンテナンスは、発電所の安全管理において重要ですが、それこそが想定外の出費を抑える為の秘訣でもあります。かと言って必要以上のメンテナンスを行えば、その費用がかさみ、肝心の収益を上げられなくなってしまうかも知れません。

太陽光発電投資では発電(売電)による売り上げと、リスク管理に伴うメンテナンス費用のバランスを見極めることが大切です。また、事業計画を立てる段階で費用について知っておくことは、より現実的な実質利回りを計算する上で決してムダなことではないでしょう。

ここでは一例として、小規模太陽光発電におけるメンテナンス費用の種類を幾つか見てみましょう。

太陽光パネルやパワーコンディショナーの定期点検費用

住宅用の小規模発電設備に関しては、必ずしも法的な点検義務はありません。しかし、長期間の稼働においては、様々な不具合が生じることも珍しくなく、その費用を0にすることはあまり賢明でないでしょう。

定期点検費用は、太陽光設備の販売業者などによっては無料で行っているところもあるようですが、一般的には1回につき1万円から数万円と言われています。

※補足:発電規模が50kW以上の事業者には法廷点検が必要になり、電気主任技術者を専任する必要もあります。そして2000kW以上になると外部委託もできませんので、大規模太陽光発電事業を考えている人にとって、定期点検費用は非常に重要なポイントです。

清掃費用

太陽光パネルに鳥のフンや泥汚れなどが付着すると、太陽光が遮られて発電効率が低下します。ただし、太陽光発電所の清掃には正しい知識や技術が必要になる為、ただ綺麗に洗えばいいという考え方は厳禁です。

また、太陽光パネルのメーカーによっては、不用意に高圧洗浄機などによる清掃を行ってしまうと、それ以降の保証を受けられなくなる場合もありますので、清掃業者へ依頼する際はその辺りについてもよく確認しておきましょう。

修理費用

機械には故障がつきものですが、小さな故障や劣化を放置すると、それが原因となって大きな故障につながることもあります。特に稼働開始から10年も経てば、交換が必要な部品も一気に増えてきます。

メーカー保証の対象内かどうか、一つずつ確かめながら、適切な対応を行っていきましょう。

遠隔監視費用

発電状況やシステムの稼働状況などを、遠隔で監視することも、メンテナンスの一つと言えるかも知れません。トラブルを放置せず、速やかに問題を解決する為にも、その発生をすぐに発見するための用意は大切です。

自分でもできるメンテナンス

機械的・電気的知識や資格が必要な作業や、高所作業などは専門業者に任せるべきとしても、雑草の除去やゴミ拾い、また汚れやさびの有無についての確認は、自分でも行えることがあります。

人に任せればお金がかかることも、自分でやれば節約になるので、ムダな経費を減らす為には有効です。ただし、例えば草刈り機などを使って雑草を刈る場合、足下のケーブルなどを切断してしまう恐れもあるので、注意が必要です。

メンテナンスの注意点

技術や知識の不足した業者にメンテナンスを依頼したり、また忙しいからといって雨の日や雪の日に高所にある太陽光パネルの確認を自分で行ったりすると、設備の故障や落下事故などの危険が生じる恐れもあります。

また、メンテナンス業者によっては、かかる費用にかなりの差があることも珍しくありません。高すぎる業者を雇ってしまうと余計な出費になりますが、安すぎる業者を雇うのも考え物です。メンテナンス費用の節約を考える際は、適切な業者を探すと共に、まず自分自身でメンテナンスについて勉強することが大切です。

まとめ

FIT法の改正により、太陽光発電事業者に求められる安全意識は以前にも増して高まっていますが、それは単に費用をかければいいという意味ではありません。

何が必要で何が不要か、正しい見極めがメンテナンスの極意です。