太陽光発電とその他投資方法を比較 投資信託と太陽光発電投資 利回りがいいのは?

TOP  太陽光発電とその他投資方法を比較  徹底比較!太陽光発電投資と投資信託  投資信託と太陽光発電投資 利回りがいいのは?

投資信託の利回りはいくらくらい?

投資信託は組み合わせによって期待できる利回りが変化します。平均的な運用方法であれば、約5%の利回りが期待できるとされていますが、組み入れる商品の種類や割合によって、さらに高い期待利回りも実現可能。組み合わせごとの利回りの目安を確認してみましょう。
最も安定しているのは、日本国債や社債を運用するタイプで、利回りは約1%。次に、日本国債や株式型投資信託、欧米の債権や株式などに分散投資するタイプで、利回りは約3%。標準的な運用方法である先進国の債権を中心に据えるタイプで、利回りは約5%。次に、株式型投資信託を中心に据え、新興国株式も組み入れたタイプで、利回りは約7%。最後に、先進国と新興国の株式型投資信託を組み入れたタイプで約10%です。新興国の割合を増やせば、さらに利回りは大きくなります。

投資信託と太陽光発電投資の利回りを比較

投資信託の利回りは前述したとおり、組み入れる商品によって変動がありますが、それほどリスクが大きくなく、比較的大きな利益が期待できる運用方法を採用した場合、約5%となります。一方で、太陽光発電投資の利回りは約10%。もちろん、設備や導入するシステムの種類、経費の金額などによって利回りは変わりますが、投資信託よりも高い利回りを期待することもできるでしょう。
投資信託で10%の利回りを実現しようとすると、かなりリスキーな運用方法で行わなければならなくなります。その点、太陽光発電であれば特に大きなリスクもなく、約10%の利回りが期待できるため、利回りとリスクを天秤にかけてみると、太陽光発電投資が有利でしょう。

投資信託のリスクとは?

価格変動リスク

有価証券、株式型投資信託、債権などの投資信託の商品には、値動きが存在します。運用している商品の基準価額が変動し、マイナスに転じてしまうリスクが「価格変動リスク」です。例えば、有価証券に投資したとして、投資したときよりも有価証券自体の基準価額が下がってしまった場合、損失を被ることになります。ただし、反対に、価格変動によって基準価額が上昇した場合は利益の発生です。
価格変動は日本国内や海外の経済情勢、政治、企業の業績によって発生するため、世界各国の経済情勢や企業の動きを把握しておくことで、ある程度予測可能です。しかし、大きな出来事が急激に発生した場合は、大きな価格変動が起こり、投資資金の元本割れを引き起こす可能性もあります。

為替変動リスク

「為替変動リスク」は、海外の株式型投資信託や債権、外国通貨建て資産への投資を運用する場合のリスクです。外国通貨を円に交換するためのレートは、毎日変動が繰り返されているため、為替レートの変動によって基準価額は変わります。日本の投資商品を運用する場合には、為替変動リスクは存在しません。
一般的な基準では、円高に進むと基準価額は下落し、円安に進むと基準価額は高騰。高騰するタイミングで交換した場合は利益となりますが、基準価額が下落したタイミングでの交換となると、元本割れによる損失を被る可能性も。また、元本割れとまではいかずとも、受け取る際に、円換算での受け取り金額が減少するという小さなリスクも常に存在します。

金利変動リスク

「金利変動リスク」は市場の金利変動によって発生するリスクであり、債権の価格に影響を与えます。市場金利が上昇すると債権の価格は下がり、市場金利が下降すると債権の価格は上がるという点が特徴です。もちろん、金利が下がった場合は債権の価格が上昇し、利益が発生しますが、逆のパターンも十分にあり得ます。
そして、債権を保持している期間によって、受ける金利変動の大きさは変化し、影響を受けやすいのは、償還までの期間が長期間である債権です。償還まで短期間の債権であればリスクは小さくなるため、投資するタイミングをずらすことでリスクを分散させることができますが、それでも金利の変動を受けないわけではありません。