太陽光発電とその他投資方法を比較 あなたにぴったりな資産運用はどちら?太陽光発電投資とビットコインを比べてみました

TOP  太陽光発電とその他投資方法を比較  徹底比較!太陽光発電投資と仮想通貨  徹底比較!太陽光発電投資とビットコイン

あなたにぴったりな資産運用はどちら?太陽光発電投資とビットコインを比べてみました

最近、世間でも話題になっている仮想通貨。その代表格のひとつがビットコインです。数年前に買っていた人は、急激な値上がりで大きな収益を得た人もいます。一方、太陽光発電投資は、東日本大震災以降、注目を集めている資産運用の方法。どんどん市場は広がり、資産運用のひとつとして人気です。そこで今回は、太陽光発電投資とビットコインを比較しながら、どのような投資方法なのかを紹介。メリットからデメリットまで初心者の人でもわかるように説明していますので、参考にしてみて下さい。

目次

太陽光発電投資とはどのようなもの?

太陽光発電投資は、簡単に言うと太陽光のエネルギーを使って発電を行い、その発電した電力を電力会社に売ることで収益を得ることです。 太陽光発電投資の良いところは、投資した金額に対して得られる収益の割合(利回り)が高いこと、発電した電気を向こう20年間、電力会社が一定の価格で買い取ることを約束している(固定価格買取制度)ことなどが挙げられます。一方、デメリットとしては、発電量が天候に左右されることや、20年たった後の見通しが不透明な点などです。

ビットコインとはどのようなもの?

ビットコインとは、仮想通貨の種類のひとつ。円やドルなどの一般的な通貨と同様に、ものを売買するために使われる一方で、その価値の上下動が激しいため、投資対象の金融商品としても扱われています。

ビットコインのメリットとして、24時間365日、取引可能なことが挙げられます。投資の対象として有名な、株やFXは土曜日や日曜日に取引はできませんが、ビットコインは可能です。週末だけデイトレードをしたい人には便利です。また少額で始められるのも大きなポイント。この他に、金融資産として将来性があるので、今後、大きな収益を得られる可能性を秘めている点も見逃せません。

一方、デメリットとしては、まだ認知度が低いため、株やFXに比べて売買の自由度が低いなど、流動性の低さがあります。また、証券会社やFX業者が倒産しても、自分の株や預金資産がなくなることはありませんが、ビットコインなどの仮想通貨の場合、自分が取引をしている取引所が倒産したら、全額返ってこない可能性もあります。他にも、価値の変動が大きいため、たくさんの収益を得られる一方で、大幅な元本割れの危険性もあります。

投資した金額に対してどれくらいの収益が得られるの?

投資した金額に対して1年間でどれだけの収益が得られるかを示す「利回り」の割合で両者を比較してみましょう。太陽光発電投資の場合、どれくらいの規模で事業を行うかによって、初期投資の金額や設備のメンテナンスなど、毎年かかる経費の金額は変わってきます。その上で、一般的な利回りは10%前後と言われています。得られる配当の利回りが2%を超えると高利回りと言われる株式投資に比べると、かなり高い利回りとなっています。

一方でビットコインは、短期間で大きな収益を得る可能性があります。例えば、2017年の4月時点で1BTC(ビットコインの単位)の価値は、日本円で12万円でした。ところがそこから一気に価値が上昇し、1か月後の5月には30万円、12月には200万円以上に。利回りで表すと2000%越えとなります。ですので、結果論ではありますが、ビットコインは少額の投資でも大きな収益をあげることが可能だった経緯があります。

投資をするにはどれくらいのお金が必要なの?

太陽光発電投資とビットコイン投資を始めるために準備すべき費用がどれくらいなのかを、投資するお金の借りやすさ(ローンのしやすさ)と合わせて比較していきます。

太陽光発電投資:約1,000万円

2015年に経済産業省から発表されたデータによると、太陽光発電投資の投資金額の平均は税込みで161万円。しかし、この金額には、家庭用のものも含まれています。空き地などで本格的に売電を行う産業用のものを購入するとなると1,000万円規模の費用が必要なのが現実です。

お金の借りやすさですが、太陽光発電投資の大きな特徴でもある「法律で20年間、固定で買い取ることが決まっている」という点は、借りやすくなる大きなポイントとなります。素人がマンションを経営したりするよりも、収益の確実性が高いので、借り入れはしやすいと言えるでしょう。

ビットコイン:1,000円以上

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、少額での取引が可能で、極端な例だと1円からでも買うことができます。しかし、仮想通貨を購入するには、取引を行っている取引所で口座を開設しなければなりません。その時に最低でも1,000円以上入金するのが一般的なので、口座開設時のビットコインの価値が1000円を下回る状態であれば、ビットコインは実質1,000円から購入することが可能です。

どれくらいの期間、投資しなければならないの?

投資した金額が返ってくるまでの運用スパンについて比較していきます。

太陽光発電投資の運用スパン:20年

太陽光発電投資は、空き地などに太陽光発電のソーラーパネルを設置して、売電を行いながら収益を得ます。固定価格買取制度によって20年間、売電できることが決まっているので、投資する運用スパンは、最低でも20年ということになります。

ビットコインの運用スパン:多額投資は短期保有、少額投資は長期保有

ビットコインは、24時間365日、売買が可能なので、売り手や買い手が見つかればすぐにでも取引可能です。そのため、特に決められた保有期間はありません。一般的な保有の目安としては、ビットコインをたくさん購入して、少し値上がりした時点で売却するケースと、少額だけ購入して長期間、保有し、購入時からの価値の上昇が大きくなるのを狙うケースが多く見受けられます。ですので、運用スパンは、どれだけ投資をしているかによって変動します。

投資する上でのリスクはどのようなものがあるの?

太陽光発電投資とビットコインのリスクについての比較をしてみましょう。

地震などの災害や経年劣化による設備の修繕

太陽光発電投資をする上で考えられるリスクのひとつが、災害により太陽光発電のパネルが破損し、発電できなくなってしまうことです。パネルは屋外に設置するため、地震や台風、竜巻、火災、水害など事前に予測することができない自然災害で故障したり、破損したりする可能性があります。ですが、このような災害は、頻繫に起きる訳ではないので、他の投資に比べるとローリスクだと言えるでしょう。

次は、経年劣化によって設備を交換したり修理したりしなければならない点です。年数が経過すると設備が古くなり、設置当初のような発電力が維持できなくなってしまいます。あまりに発電の効率が下がっている場合は、設備を交換したり修理したりしなければなりません。太陽光発電のパネルは、世界各国で作られていますが、中でも日本製のものは耐久性が高く、高品質なものが多いことで有名です。

ハッキングや短期間での価値下落

ビットコインのリスクは、インターネット上にある仮想通貨のデータなので、ハッキングされる可能性が挙げられます。2014年、国内にある仮想通貨の取引所がハッキングの被害に合い、100億円を超えるビットコインのデータが消失してしまいました。消失してしまうと、基本的には返ってきません。ですので、セキュリティがしっかりとした取引所でビットコインを購入することが重要になってきます。

また、ビットコインは価値の値動きが激しいので、短期間に価値が暴落してしまうことも考えられます。ビットコインは週末など、いつでも取引可能なので、場合によっては自分が寝ている間に、一気に値崩れしてしまうかもしれません。

太陽光発電投資とビットコインの比較

これまでに紹介してきた太陽光発電投資とビットコインについて整理しながら比較していきましょう。

まず、資産運用を行うための投資額ですが、太陽光発電投資は1,000万円以上という大きな投資額が必要なのに対し、ビットコインは場合によっては1,000円から購入することができます。敷居の低さといった見方では、ビットコインの方に優位性があるかも知れません。

次に、運用スパンですが、太陽光発電投資は20年以上かけて運用しながら収益を得るのに対し、ビットコインは、取引所でいつでも取引することが出来るので、いつでも換金することが可能です。ただし、同じく手軽に売買することが出来る株や債券に比べると、ビットコインの認知度はそれほど高くないので、株などに比べると流動性が低いので、いつでも取引ができても実勢価値に則した取引がすぐにできるかについては注意が必要です。

最後にリスクについての比較です。ハイリスクハイリターンのビットコインの方が様々なリスクを抱えていると言えるでしょう。値動きが激しいので、数時間というわずかな時間でも価値が一気に下がってしまうことがあります。また、上手く運用していたとしても、取引所がハッキングされたり倒産することで、保有しているビットコインを全て失ってしまう可能性もあります。それに比べ、太陽光発電投資は、投資を行う前に発電計画を立てることができ、売電先も20年間、確保されているので、ビットコインに比べるとリスクは低くなります。

まとめ

太陽光発電投資とビットコインについて比較してきましたが、いかがでしょうか?安定した資産運用を行いたい人には、太陽光発電投資がおすすめで、一方、少額でも大幅な収益を得たい人は、運用次第で大きな収益を得ることが可能なビットコインが良いでしょう。資産運用は上手く運用すれば資産を増やすことが出来ますが、あまり知識がない状態で飛びつくと、大きく損をしてしまうこともあります。自分にあった運用方法について学び、きちんとした運用を行うように心がけましょう。