失敗しないための太陽光発電業者の正しい選び方 太陽光発電投資の業者の選び方【ケーブル編】

ケーブルの保護方法でメンテナンス費が大きく変わる

太陽光発電というとパネルの発電量に目が行きがちですが、発電した電力をパワーコンディショナーに送るケーブルも、最終的な収益に関わる重要な部位の1つです。
というのも、ケーブルをどう保護するかによって、その後のメンテナンス費用が大きく違ってくるからです。
もしケーブル全体がボロボロになってしまうと、メンテナンス費用は少なくとも100万円以上掛かります。事前にどういう形でケーブルを保護するかしっかり検討しておくことが大切です。

ケーブルは直射日光に弱い

太陽光発電に使うケーブルの耐用年数は、20~30年とされています。したがって、しっかり設置すればほとんどメンテナンス費用は掛かりません。定期的に絶縁抵抗を測ったり、端子の緩みを締めたりする程度で済むからです。
気を付けたいのは、直射日光です。長期間日光に当て続けると断線してしまう恐れがあるため、ケーブルはパネル下など日の当たらない場所に納めることが大切です。
また、パワーコンディショナーへの接続箇所など、どうしても露出せざるをえない部分もありますので、ケーブルにはカバーを付けることも推奨されています。

ケーブルカバーはされているか

太陽光発電の物件を見学する際は、ケーブルにカバーが付いているかどうか、という点もしっかり確認されることをおすすめします。
ただ、カバーも紫外線によって劣化し、ひび割れます。このひび割れを放置すると、漏電してしまう可能性も。

地中に埋めることで盗難リスクも軽減できる

太陽光パネルやケーブルを盗み出し、海外に売ってお金に換える窃盗グループというものが存在します。投資用の太陽光発電は、人里離れた土地に設置されることが多いため、盗難する側にとっては誰にも見とがめられることなく仕事ができる格好のターゲットとなるわけです。
ケーブルが地中に埋めることで、こういった盗難によるリスクを軽減することができます。
破損や盗難によって運用が停止するのは、収益の面で大きな痛手となります。事前にとれる対策は、可能な限り実践しておくことが大切です。

地中に埋めるのがベスト

太陽光発電は、どういう施工方法を採っているかによって破損リスクが大きく変わってきます。なにもないよりはカバーが付いている方がよいですが、さらに破損リスクを低減したいなら、ケーブルが地中を通して配線されている設備を選ぶのがベストです。

ケーブルを修理するとなるといくらくらい掛かるのか

もし、ケーブルが破損したり、盗難されたりした場合、その後運用を再開するまでに、200万円以上の出費を覚悟する必要があります。
一見、表面利回りが10%を超える魅力的な物件であったとしても、ケーブルの施工や管理がずさんであれば、メンテナンス費用によって想定通りの利益が得られないということも十分考えられます。

ケーブルの盗難・破損リスクを避けるためにも最初の段階で確認を

ケーブルの盗難リスクや破損リスクは、意外に見逃しがちなポイントです。太陽光発電投資を検討する際は、ケーブルがどういった形(カバーの有無や埋設されているかどうか等)で施工されているか、あらかじめしっかりチェックされておくことをおすすめします。
太陽光発電投資は、10年、20年と長期にわたり運用していく投資です。表面利回りに囚われず、ランニングコストにも目を向けて、実質利回りを最大化するよう努めてみてください。

監修者情報
有限会社Qvou 久保 龍太郎

このページのまとめ

  • 1ケーブルは破損しやすく、利回りを圧迫する
  • 2ケーブルの盗難被害が多い
  • 3破損・盗難リスクを避けるには地中に埋めるのがベスト