老後資金の貯め方

貯蓄はどれくらい作っておけば安泰なのか

老後に必要な貯蓄の金額については諸説ありますが、夫婦でもらえるとされる標準的な年金の金額(月々22万円)を前提にしても、最低限の生活を送るのに2000万円近い貯蓄が必要とされます。
ここでは、そんな老後に備えた貯蓄を確保する方法として、主だった方法を種類別に紹介します。

よくあがる方法は積み立て型

給与から強制的に天引きされる積み立て型の資産運用は、ほとんど手間なく堅実に資金を貯蓄できる方法として人気です。
いくつか種類があり、それぞれ特徴が違いますので、利用を検討されている人は、以下にまとめたメリット・デメリットをぜひ参考にしてみてください。

個人年金保険

個人年金保険とは、ある年齢までコツコツ積み立てていき、所定のタイミングになったら年金として積み立てた分+αの金額を一定期間受け取っていくという貯蓄型の保険です。
メリットは、強制的に積み立てられていくため、自分の意志で貯蓄額が左右されるふつうの貯金に比べてお金が貯まりやすいという点。また、年金保険に支払った分は控除が受けられるという点などが挙げられます。税制メリットについては税率によって違いますが、少なくとも年に5000円以上は得することができるとされています。
ほか、持病があっても加入できる商品がある、というのも、場合によってはメリットに数えられるでしょう。
一方デメリットは、途中で解約した場合に、選んだ商品やタイミングによっては元本割れを起こしてしまう可能性があることです。また、運用自体が失敗してしまい、払い込んだ金額よりも少ない金額しか受け取ることができない、といったリスクも存在します。
こういったリスクの大きさはどういった商品を選ぶのかによっても大きく違ってくるため、一概には言えません。しかし、リスクとリターンは、ほとんどの場合比例します。
安定して、しかも利回りも見込める種類の商品ではない、ということは、知っておくとよいでしょう。

財形貯蓄年金

財形年金貯蓄は、会社員を対象にした積み立て貯蓄です。前提として勤務している会社が勤労者財産形成貯蓄制度という制度を導入している必要がありますが、これを利用することでいくつかのメリットを受けながら堅実に老後資金を貯蓄することができます。
財形年金貯蓄の大きなメリットは、元利の合計が550万円以下の場合、利回りで得た収益が非課税(※保険型商品の場合は385万円以下)となることです。
また、財形年金貯蓄を利用している場合、住宅購入費や教育資金などで、金利の低い公的融資を利用することも可能。将来的に大きな資金を必要とする人は、とくに重宝するはずです。
一方のデメリットは、選べる商品が勤務先の会社が提携している金融機関の商品に限定されるという点です。利回りのいい金融商品を探そうとしても、望みに適う利益が得られるものが見つからない可能性があるわけです。また、年金目的でしか使えない、という点もデメリットと言えるでしょう。もし年金以外の目的で引き出そうとすると、5年前までさかのぼって得た収益すべてが課税(20%)対象となります。
状況によっては定期預金よりも高い金利が得られるかもしれませんが、資産運用としてのうまみはそれほど大きくないと言えるでしょう。

積み立て型は若いときの財産を老後にとっておくタイプ

こうした積み立て型の貯蓄方法は、利回りが小さく、自身が稼いだお金を堅実に貯めていくために適したものです。お金を増やしていくタイプの資産運用ではないため、過度な期待はしないほうがよいでしょう。

社会的信頼を持って資産運用をする方法

低リスクで堅実にお金を貯蓄していく方法としては、積み立て型の保険は有用です。しかし資産形成という観点からすると、堅実すぎて得られるリターンが小さいというのがデメリットです。
そこで検討したいのが、長期スパンでリスクを抑えながら着実にリターンを得ていく投資です。一昔前は、長期的な投資と言えば不動産が代表格でした。初期の投資金額こそ大きいものの、10年、20年と家賃収入を得ていくことで、元本の倍以上のリターンが得られるからです。
しかし近年、不動産投資よりも低リスクで、しかも不動産投資と同等かそれ以上のリターンが見込める投資が人気を集めています。
それは、太陽光発電投資。
太陽光発電投資は、土地と発電設備を用意し、そこで得た電力を電力会社に売ることで収益を得ていく投資です。初期投資は数百~2000万円前後必要ですが、設備が正常に稼働さえしていれば、ほとんどリスクなく10%前後の利回りで運用することができます。
このサイトでは、太陽光発電投資についても掘り下げて解説していますので、資産運用に興味がある人はぜひ目を通してみてください。

投資によって積極的に資産を増やす

株式投資

ハイリスクなイメージの強い株式投資ですが、知識と経験があれば、リスクを抑えつつ資産を増やしていく事が可能です。そのためには、押さえておくべきポイントをしっかりと把握し、投資を始めるタイミングを見極めることが重要。投資に挑戦する以上、そのリスクはゼロにすることはできません。メリットとデメリットを理解し、投資に失敗した場合の対処法やリスクも理解しておきましょう。