太陽光発電投資はこんな人におすすめ!

TOP  太陽光発電投資はこんな人におすすめ!

こんなに人におすすめ!太陽光発電投資に向いている人とは

リスクが低く、堅実に資産を増やす方法として注目を集めている太陽光発電投資。しかし投資というものは、どんな人でも必ず利益を出せるというものではありません。当然、その投資方法に適した条件が揃っている人であれば成功する可能性は高いはずです。ここでは、太陽光発電投資を始めるのに向いている人とはどんな人なのかを考えていきましょう。

遊休農地を所有している人

親からの相続などで使っていない遊休農地を所有している人は、それを太陽光発電投資で活用できるチャンスがあると言えます。もちろん全ての農地で太陽光発電投資が行えるとは限りませんが、検討してみる価値は大いにあるはず。農地にどんな活用方法があるのか、なぜ太陽光発電に向いていると言えるのか、くわしく解説いたします。

山林を所有している人

山林を所有している人も、中にはいることでしょう。山菜やキノコ、木の実の収穫ができ、時にはマタギとして猟銃による害獣駆除に駆り出す人も。山林は山林としての活用価値があることは間違いありません。それでも安定的な収益を生み出せるとしたらどうでしょう。自然の恵みも得難い収益ですが、安定した事業として成立する太陽光発電投資が可能な土地かもしれません。ここで確認してみてはいかがでしょうか。

工場跡地を所有している人

長年営まれてきた工場を相続しても、産業構造の変化から、そのまま事業として存続することに難しさも出てきている現在では、どのように活用するかが課題となります。過去には操業していた工場跡なので、立地は決して悪くはないでしょう。問題は、どのように収益を生む土地に変えるかです。建屋も含めたかつようなのか、更地にして活用するのかによっても違いがありますが、具体的に安定収益の望める太陽光発電投資を視野に入れてもいいでしょう。詳しく確認してみてください。

地目変更についても要確認

登記されている土地は、使用目的が定まっています。その名目のことを地目といいます。地目が決まっている理由としては、工場として使う土地なのか、商業用として使う土地なのかによって、税負担が変わってくる等の、全ての基準になるといった点が挙げられます。変更をする際にも、農地から農地以外の地目にするさいには、農地法に関わってくるなど、事前に確認すべき事柄です。既存の土地を転用しようと考えている人は、是非確認をしておいてください。

調達を知ることで、
太陽光発電投資に向いている土地がわかる?

太陽光発電投資が向いている土地って、いったいどんな土地なのでしょうか?太陽光発電設備を設置する前に、元がどんな土地だったか等が関係するのでしょうか?調達価格の視点から、紐解いていきたいと思います。調達価格は年次単位で決まり、現在の設備価格推移や売電価格は下がっています。その分、過当競争によって設備の発電効率は10年前よりも高くなっているのが現状です。価格と発電効率の分岐点の見極めを、太陽光発電に向いている土地を基準に算出することが大切です。調達について確認してみてください。

野立ての太陽光発電投資がおすすめな理由

太陽光発電投資をおすすめできる遊休地の一つに野立てがあります。先祖代々、受け継いできた土地の場合もあれば、思いがけずに入手することになってしまったなど、様々な背景があることでしょう。それでも土地は、所有しているだけで維持費がかかります。せっかくなら、収益を生む形で有効活用するのがおすすめです。ここでは、土地活用のなかでも、太陽光発電投資がおすすめの理由をご紹介します。

自営業の方

太陽光発電投資は自営業の方にもおすすめの投資商品です。税金の免税制度なども踏まえて太陽光発電投資を始めるメリットや注意点までわかりやすくご紹介します。

サラリーマン

運用の手間や収益の変動が少ない太陽光発電投資はサラリーマンにもおすすめ。始めるときの考え方やリスク回避の方法までわかりやすくご紹介します。