太陽光発電投資はこんな人におすすめ! マンションやアパートを活用した太陽光発電投資

TOP  太陽光発電投資はこんな人におすすめ!  マンションやアパートを活用した太陽光発電投資

太陽光発電投資はこんな人にもおすすめ!マンションやアパートを活用した太陽光発電投資

太陽光発電投資をする最大の魅力は収入の安定性です。不動産投資や株式投資などは入居者の増減、投資先の業績の良し悪し、相場の変動などの外部要因によって収益が左右されます。しかし法的に電気の売買価格は担保されているので、不動産投資で例えるならば「空室のないマンション」のようなもの。もちろんリスクはありますが、投資として考えると安定した高い利回りは大きな魅力です。

太陽光発電投資に向いている環境とは

太陽光発電投資に参入するにはまず太陽光発電設備を置くことのできる土地が必要です。中でも発電量は日光の照射量によって変わってきます。「少しでも多くの利益を得よう」と太陽光発電設備を置くことのできる広くて安い土地を購入する、と考えると初期投資がかさみ結果的に利益に影響が出ることもあります。

しかしもうすでにマンションやアパートを保有しているオーナーだとしたらどうでしょうか。もう少し詳しく見ていきましょう。

すでにマンションやアパートを保有している

太陽光発電には設備を設置する土地と設備費といった初期費用が必要となります。まずマンションやアパートの屋根を活用することが出来れば土地を探し購入することも必要ありません。資産があり事業をしているという事で、金融機関からの融資も受けやすくなります。

マンションやアパートに太陽光発電を付けるメリット

マンションやアパートに太陽光発電を付けることによって得られる利益は、売電収入や共有スペースの照明・エレベーターなどの電気代の節約だけだと考えがちです。しかし、それ以外にもいろいろなメリットがあります。詳しく見ていきましょう。

各部屋に太陽光発電の配線をつなげることで入居者が長期的に居住してくれやすくなる

各部屋に太陽光発電をつなげると、入居者も太陽光発電による電気代の節約や売電収入を得られるメリットがあります。オーナーも発電した電力で廊下照明やエレベーターなどの共有スペースの電力も賄えるのでランニングコストの削減につながります。

一見するとオーナーの収入が減るのでデメリットのようにも感じますが、最近ではこの太陽光発電付きの物件の注目度は高く人気も高まっています。

不動産投資のつもりで始めるマンションやアパートの経営には空室のリスクがあり、特に最近では問題視されています。その中で人気があり入居者が集まり、なおかつ長期的にすみたくなるようなマンション・アパートは「太陽光発電付き物件」だと言われているのです。

非常時に非常用電源として活用できる

災害大国の日本。「もしもの時に太陽光発電が使える」という事は、保有しているマンションやアパートの大きな付加価値となります。日々の暮らしの安全というのは大きなアピールポイントであり、長期的な入居につながります。
入居者にとってもオーナーにとってもメリットです。

屋根が大きいため産業用太陽光発電設備の設置が可能

太陽光発電は大きく分けて「産業用」と「住宅用」に分かれます。

住宅用の太陽光発電は一般的に10kw未満の小規模な太陽光発電装置を設置します。アパート1棟の共有部分の電力としてはまずまずですが、売電収入としては不足感があります。

しかし、マンションやアパートは屋根が大きく太陽光パネルの設置をより大きな面積で確保できます。出力10kw以上になると産業用太陽光発電となり売電収入も大きくなり税制面での優遇もあります。

賃貸収入と売電収入を組み合わせることによる収入の安定

マンションやアパート経営では、空室・短期間での退去などがあると賃貸収入が安定しません。このリスクを減らしてこそ経営は安定します。

太陽光発電設備を設置した場合、太陽光発電の投資回収の完了後は黒字化が容易になります。売電収入は価格変動がそれほど大きくありません。太陽光発電設備を定期的にメンテンスし続ければ、安定的に収入を得ることができます。家賃収入と売電収入を組み合わせることで収益の安定化が図れるというわけです。

マンションやアパートに太陽光発電を付けるデメリット

保有しているマンションやアパートに太陽光発電を付ける場合、メリットだけではなくデメリットもあります。投資として太陽光発電設備を設置しようと考えている場合、メリットとデメリットの両方をきちんと理解しておくことが大切です。

入居者の了承を得る手間

自身の住宅や私有地に太陽光発電を設置する場合やこれから太陽光発電設備付きのマンションやアパートを建てるという場合は、誰の許可を得る必要もありません。しかし、すでに入居者のいるマンションやアパートにこれから新たに設置するという事であれば各入居者に許諾を得る必要があります。

マンションなどでは共用部分の使用・管理は所有者たちで作られる「管理組合」の集会決議によって決定されることが法律で定められています。場合によっては工事の騒音や住居への立ち入りを拒み反対される人が出てくることもあるでしょう。

こういう場合の説得までの入居者とのやり取りは隠れた手間ともいえるでしょう。

通常の工事費用に追加費用が発生することも

マンションやアパートに太陽光発電装置を設置す場合、いくつかの方法があります。

  • ・オーナー自身の部屋や自宅のみに太陽光発電をつなぐ
    マンションやアパートにオーナー自身が住んでいる場合や敷地内の近くに自宅がある場合に可能です。多くの売電収入を得ることが出来る半面、入居者にメリットはない為後付けの設置工事への反対や不満等トラブルが発生する場合があります。
    また「太陽光発電付き」とはならないため、家賃収入の増加にはつながりません。
  • ・マンションやアパートの共有部分や共有部分と自身の部屋・自宅につなげる
    マンションやアパートの共有部分の消費電力を賄いつつ、売電収益も得られます。
  • ・全部屋へ電源供給ができるようにする
全部屋へ太陽光発電が発電した電気を供給するシステムにすると、入居者も売電収入が得られた上に消費電力も削減できるのでサービスとしてはとても魅力的なものになります。オーナーの売電収入としては収益が残りにくくなります。

以上のようないくつかの方法がありますが、場合によっては建物の中の形状や配線のつなぎ方によって当初の見積金額よりも工事費用がかかってしまうことがあります。また、条件によっては全部屋へ発電した電気が供給できないという可能性もありトラブルやクレームが発生する場合も考えられます。

まとめ

固定価格買取制度で20年間決まった価格での売電が保証されている太陽光発電投資は、売電している限り必ず収入が入ってくるため収益の安定性は高く注目されています。
太陽光発電設備の設置にかかる費用は、年々下がってきており初期投資の負担が軽減してきています。システムの導入費用は下がっているいますが、太陽光発電設備の性能は向上しており、より効率よく投資回収が可能です。安定した収入を得られる太陽光発電投資。メリットとデメリットを正しく理解し、ご自身の大切な資産であるマンションやアパートをより価値の高いものとしてはいかがでしょうか。