太陽光発電投資はこんな人におすすめ! 太陽光発電投資のための地目変更について

TOP  太陽光発電投資はこんな人におすすめ!  太陽光発電投資のための地目変更について

太陽光発電投資の基礎知識太陽光発電投資のための地目変更とは

「始めるまでのリスクが低く、堅実に資産を増やせる方法」として注目を集めている太陽光発電投資。低リスクで手堅く資産を増やしたいという人に向いている資産運用方法です。しかし投資というのは、どんな人でも必ず利益を出せると約束できるものではありません。当然、投資法に適した条件が揃っている人であるほど、成功する可能性は高いでしょう。 ここでは、ローリスク・ミドルリターンである太陽光発電投資を始めるにあたり、どのような土地が太陽光発電に適しているのかを解説していきます。

太陽光発電が可能な地目

土地には地目(ちもく)といっていくつかの種類があり、地目によって用途が変わってきます。地目の種類は田や畑、宅地、山林など全部で23種類。それぞれ詳細に役目やメリット、デメリットが決められています。

23種類ある地目の中でも太陽光発電投資が可能な土地として、「原野」「山林」「宅地」、そして「雑種他」の4種類が一般的です。ただし、気を付けておきたいのが、地目によって変わる税金です。山林は税金が比較的安く済みますが、建物が建てられている土地や工場、敷地内の菜園や庭園などが該当する宅地となれば固定資産税が高くなります。せっかく太陽光発電を行なっても、広大な土地に対して高い税金を払い続けることになれば、事業の採算が取れなくなってしまう可能性も出てくるでしょう。太陽光発電に限らず投資を行なう際は地目を確認して、できる限り支出を抑えられる地目へ変更することをおすすめします。

地目変更で気を付ける点

地目によって用途や税金は変わりますが、簡単に変更ができない地目もあります。「田」や「畑」を他の地目へと変更する場合です。これを「農地転用」と言います。

食料自給率が低い日本では、農地から他の地目へと変更してしまうと、再び農地に戻す可能性は低いと判断されるため、農地転用審査がとても厳しく行なわれます。一般的な住宅や工場などとは違って農地のまま太陽光発電の設備を設置することはできないため、地目の変更を行なわなければいけません。地目変更を行なわずに事業を始めると行政処分の対象となってしまうため、必ず申請を行ないましょう。

遊休農地を所有している人

親からの相続などで遊休農地を所有している場合、それを太陽光発電投資で活用できるチャンスと言えるでしょう。もちろん全ての農地が太陽光発電投資を行なえる土地とは限りませんが、検討してみる価値は大いにあります。

土地を放置しておくと、税金以外のリスクが発生するほか、不審者が住み着く場合やゴミの不法投棄など、様々な問題が出てくるおそれも。ここでは、農地にどんな活用方法があるのか、なぜ太陽光発電に向いていると言えるのか、くわしく解説いたします。

工場を所有している人

工場や工場跡を活用したいと考えている人にとって、太陽光発電投資は適した方法と言えます。太陽光パネルは住宅や工場、倉庫などにも設置可能なうえ、太陽光からエネルギーを得て発電した電気をそのまま使用できるからです。さらに余剰分を売電することで、売電収入が得られます。

工場がある場所は工業地帯や人の少ない場所などがあげられます。工場が稼働していなければ解体後は更地にして太陽光パネルを設置。稼働中の工場であれば、建物の上への設置も検討できます。太陽光発電の用地として適した工場の土地を活用しましょう。

野立てを所有している人

土地を持つ人にとって、なにもない土地をそのまま所有するメリットはほとんどありませんが、反対に固定資産税やエリアによっては都市計画税など、出費によるデメリットはいくつもあります。いくら税金が安いと言っても、払い続けているといつの間にか大きな額になっていることも珍しくありません。用途のない土地を持っているのなら、有効に活用したいものです。

ここでは、野立ての地を所有している人にとっておすすめの土地活用法である太陽光発電投資のメリットや、そのほかの活用法についての解説をしています。

山林を所有している人

山林は地価が安いのであまり税金がかかりません。そのため、昔から山林を所有している人は放置したままの状態、いわゆる「寝かせている状態」でも気にしていない人が少なからずいます。しかし、税金が安いと言っても免れることはできません。土地を余らせておくよりも、有効活用するための方法を考えたほうが得策でしょう。

山林は特に広大な範囲で所有している地主が多いため、広い土地を使った投資が可能です。太陽光発電であれば周囲の影響を受けずに太陽光エネルギーを得られるでしょう。ここでは、山林を活用した太陽光発電投資を始める際に気を付けておきたいポイントを解説しています。