太陽光発電投資はこんな人におすすめ! 工場跡地を太陽光発電投資として活用する

使わなくなった土地を無駄にしない工場跡を太陽光発電投資として活用する

親の引退や相続などで、使っていた工場や跡地を引き継ぐケースがあります。ですが自分がその土地から離れた場所に住んでいたり、事業を継ぐつもりが無かったりした場合には、土地の管理ができず、放置状態になることがあるでしょう。土地はただ所有しているだけでも、税金を始め維持コストがかかってしまうもの。寝かせておくよりも、土地を活用して資産を増やす方法は無いのか考えてみましょう。特に近年、少ない投資額で収益を上げられる投資法として注目されている太陽光発電について注目してみましょう。その他の活用法と比べながら紹介していきます。

工場跡地には太陽光発電が最適?他の活用方法との比較

工場を受け継いだものの事業を引退する、もしくは工場跡地を譲り受けた場合の土地活用方法には、コンビニや駐車場、賃貸住宅にするなどいくつか種類があります。どの活用方法にもメリットとデメリットがあるため、簡単に決めることはできません。地域柄を考えることも大切です。

工場跡地というのは、既存の工場の設備によって、再利用可能かどうかが変わります。汎用性のない工場を持ったままだと、活かすことができずに余計な税金を払い続けることになりかねません。それよりも一度、工場跡を更地にすることで、土地を有効に活用して利益を上げることが可能です。

工場跡の土地活用方法として特ににおすすめなのが太陽光発電投資。宅地である工場跡を使う際には、「すでに電気が引かれている」、「少ない投資額で済む」といったメリットが多く、初めての投資にもピッタリです。太陽光発電投資の魅力について、そのほかの投資方法と比べながら紹介していきます。

コンビニとして活用する?

余った土地の活用法として挙げられる代表ともいえるのがコンビニです。コンビニは住居系の土地活用と比較すると収益性が高く、一見すると魅力的な活用方法。しかし、一口にコンビニ土地活用といっても、あまりにも田舎過ぎたり、工業地帯のど真ん中にあったりしては、集客が見込めず商売が成り立ちません。商圏内の需要がなければ、途中解約が発生する可能性もあります。収益性を見ればコンビニを選びたいところですが、安定的に土地を活用していくことを考えると不安が残る活用法でしょう。

駐車場として活用する?

駐車場経営は予算に合わせた規模や種類で建てられることから、賃貸住宅などと比較すると手軽に始められるというメリットがあります。青空の更地に区切り線を引いただけのものから、管理人が常駐しているタワーパーキング、立体駐車場から平面駐車場まで様々です。仮に失敗してもダメージは小さく、リスクが低いのは安定志向の経営者にとって魅力的に映りますよね。

しかしコンビニ経営と同じように、駐車場の需要がなければそもそもの経営が成り立たないという問題があります。繁華街や大型の商業施設が近隣にあるならいいのですが、そうでなければ経営を継続していくのは難しいでしょう。また、投資額が少ない利点の反面で、客単価の収益性が低いといったデメリットがあるので、収益が上がらないという点でも見通しをしっかりと立てる必要があります。

賃貸住宅を経営する

賃貸住宅の経営は、土地を活用する中ではとてもメジャーな方法です。投資の分、得られるリターンがあったり節税効果も高いことなどがメリットに挙げられます。さらに土地対応性があることから、工業専用地域以外なら建築が可能です。しかし、工場跡地に建てるということを考えると、都市計画法によってそもそも住居の建設ができない可能性があります。土地を活用するために有効的な賃貸経営ですが、工場跡地の候補としてはあまり適切な方法とは言えないでしょう。

太陽光発電投資として活用する

長期に渡る安定収入の代表例として、太陽光発電があります。事業跡地である工場跡では、地価や都市計画法などにも左右されますが、利回りが安定しており、節税対策としてのメリットもあるため注目を集めている投資法の1つです。また、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により、設置しているソーラーパネルの発電規模によって10年ないし20年の固定額で、発電したエネルギーを売電できます。賃貸経営や駐車場などのように空室を気にする必要がないため、安定的な収入が見込める点も大きな魅力です。

太陽光発電投資は自宅や工場、倉庫の屋根への設置も可能で、発電したエネルギーを使用して、余った分を電力会社へ売却する方法もあります。地域によっては国や自治体からの補助金もえられるため、他の活用方法に比べてお得に始められるでしょう。

投資前にチェック!太陽光発電投資で知っておきたいポイント

太陽光発電投資に適している人の条件は、「低額投資で土地活用をしたい」、「安定性や継続性を重視している」の2つです。国が定める補助金や固定価格買取制度によって、20年という長期に渡るリターンが得られる太陽光発電投資。安定的かつ継続的に事業を続けられます。ハイリスクハイリターンの投資を求めるよりも堅実に投資を行ないたいという人にとって、おすすめの投資方法です。

そのほかにも、太陽光発電に向いている土地とそうでない土地があります。日当たりや傾斜など、どのような土地が向いているのかを説明していきます。

太陽光発電に適した土地、そうでない土地

太陽光発電に向いている土地の条件は、日当たりが良い土地です。太陽光からのエネルギーで発電させるため、日光が当たりにくい土地であれば発電効率が悪くなります。また、傾斜によっても発電効率は変わってきます。最も発電効率が良いとされるのは南に向けて傾斜角を30度で設置した状態。周りに電柱などの送電設備がない土地だと光が当たりやすいので、より太陽光発電に向いている土地だと言えます。

反対に太陽光発電に適していない土地は、日照を遮ってしまうほどの高い建物や機器がある場合、もしくは雪が降り積もるような場所です。太陽光が全ての収入源となるため、日光を効率よく得られなければ収入につながりません。 太陽光発電パネルを設置する場所が周囲より低い場合も、水害などの被害に遭う可能性があるため避けたほうが良いでしょう。

必要な設備を確認する

太陽光発電投資には、太陽光発電パネル、接続箱、集電箱、パワーコンディショナー、キュービクル、売電メーターなど様々な設備が必要になります。パネル1つをとってもメーカーのメリットデメリットがあるため、慎重に選ばなければいけません。この点は、事前に細かに協議のできる業者を選ぶことができるので、予備知識が少なくても解消できる問題です。さらに、太陽光パネルそのものを守る手段としてフェンスを設置することも大切です。せっかく設置した太陽光パネルも、設備を丸ごと盗まれる被害に遭う可能性が少なくないため、初期投資は抜かりなく行いましょう。