太陽光発電投資はこんな人におすすめ! 山林を活用した太陽光発電投資

TOP  太陽光発電投資はこんな人におすすめ!  山林を活用した太陽光発電投資

使っていない土地を活用したい山林の土地を活用した太陽光発電投資

親から譲り受けた土地が山林だった場合、土地を有効に活用したいと考える方は多いでしょう。土地は活用していなければ、税金をはじめ維持コストなど余計な出費がかかるだけです。遊休地としてただ寝かせておくより、土地を活用して資産を増やすための方法を紹介します。

土地を活用するための種類

山林を所有した場合の活用法として、駐車場・賃貸住宅・コンビニ・太陽光発電といったいくつか投資の種類があります。これらの活用法にはメリットデメリットがあるため、簡単に決められることではありません。土地周辺の地域柄や環境を含め考慮することも重要です。

山林は宅地と比べると地価がとても安いため、税金をあまり気にせずに放置している人が多くいます。ですが、土地によって適した投資法があるため、ただやみくもに土地を活用すれば良いというものでもありません。ここでは、山林の土地活用方法としていくつかの種類を紹介します。

駐車場として活用する

投資する予算や土地の規模、展開する種類に合わせた経営をしやすいのが、駐車場経営のメリットです。賃貸住宅の投資と比較しても手軽に始められることから、投資家や地主の間では人気の活用法となっています。駐車場の経営は、土地に屋根がなく更地に区切り線を引いただけのようなものから、平面駐車場や立体駐車場、管理人が常駐しているタワーパーキングなど様々です。仮に投資に失敗したとしても駐車場経営なら損失が少なくすむため、安定志向の経営者にとっては魅力的といえるでしょう。

ただし気を付けておきたいのは、地域に駐車場の需要がなければ経営が成り立たないということです。例えば近隣に大型商業施設や繁華街があれば良いのですが、そうでない場合には経営を続けていくのは難しくなります。駐車場は投資額が少なく済む分、収益が上がりにくいという点でも、しっかりとした見通しを立てる必要がある活用法です。

コンビニとして活用する

土地の活用法として人気のコンビニは、住居系の土地活用法と比べると収益性が高いので、一見すると魅力的です。しかし、駐車場経営と同様に土地が田舎過ぎるところだと、商圏内の需要がなく経営が難しくなるでしょう。もしコンビニの経営がうまくいかない場合には、コンビニチェーンの本社から途中解約されるおそれもあります。収益性だけを見れば積極的に投資したいコンビニですが、安定的な土地活用を考えると不安が残るかもしれません。

賃貸住宅として活用する

アパートやマンションなどの賃貸住宅を建てて経営をするのは、「投資をした分だけリターンがある上に節税効果も高い」と、投資方法の中では一般的です。しかし気を付けておきたいのは、山林でも建築基準法や都市計画法によっては、建物を建てるのに制限がかかる場合があります。賃貸経営は山林の土地を活用するための非常に有効な手段ではありますが、必ずしも適切な方法とは言えないでしょう。

太陽光発電投資として活用する

長期に渡って安定的な収入が得られる投資の代表例として、太陽光発電があります。プランによっては20年の期間に渡って収入が得られる太陽光発電は、節税対策というメリットの他にも国から補助金が受けられたり電力の固定価格買取制度があったりと、優遇措置があるのが特長です。賃貸経営や駐車場経営と違う点は、空室などの回転を気にしなくていいこと。太陽光から得られるエネルギーで発電を行ない売電するため、太陽光が得られる土地であれば安定収入へとつながります。

太陽光発電投資は工場や倉庫、住宅の屋根への設置も可能で、発電したエネルギーを使用しながらも余った分を電力会社に売電していく投資法です。他の土地を活用する以上にお得に始められる投資と言えます。

太陽光発電投資に適した条件

太陽光発電の投資は国からの補助金制度や固定価格買取制度があるため、継続的で安定した事業となる活用法です。そのため、「ハイリスクハイリターンよりも、安定した堅実な投資がしたい」と考える人にとっておすすめの活用法といえます。

太陽光発電投資に適している土地とそうでない土地の条件は、日当たりや地面の傾斜など様々です。ここからは、どういった土地が太陽光発電に向いているのかを説明します。

太陽光発電に適した土地、そうでない土地

太陽光発電投資に適した土地の条件として、「日当たりの良さ」は外せません。太陽光が当たるところであればエネルギーを得て、発電から売電までを行なう投資法であるため、日光が当たりにくい土地であった場合は、低い発電効率で稼働します。また、太陽光パネルを設置する地面の傾斜角でも発電効率は変動するため、最も太陽光の当たる南向きに30度の角度でパネルを設置できる土地が理想です。電柱などの送電設備があり、周りに日の光を遮るものがない土地であれば十分に太陽光発電に向いている土地だと判断できます。

反対に太陽光発電に適さない土地は、日照を遮るほど高い建造物や機器がある、もしくは豪雪地帯など長い期間太陽光パネルが隠れてしまうようなケースです。太陽光の売買が収入の基になるため、日光を効率よく得られなければ収入にはつながりません。さらに、太陽光パネルを設置する場所が周囲より低くなっていると、水害の被害に遭う可能性があるというのも覚えておきましょう。

必要な設備を確認する

太陽光発電投資には太陽光パネルをはじめ、様々な設備が必要です。太陽から得たエネルギーを電気に変換する太陽電池や、発電した電流を変換するパワーコンディショナー、そのほかにもキュービクル、売電メーターなどがあります。パネル1つをとっても導入するメーカーによってメ異なるため、経営者は慎重に検討しなければいけません。しっかりと協議できる業者を選定することで解消できる問題ではあるので、この点はそんなに気にしなくても大丈夫でしょう。

また、設置した設備を守るための手段として、フェンスを設置することも忘れないことが大切です。費用をかけて設備を整えても、太陽光パネル丸ごとを盗まれる被害も起きています。安全な投資を行なうために、初期投資は抜かりなく行いましょう。