太陽光発電で使われるパネル一覧

TOP  太陽光発電で使われるパネル一覧

太陽光パネルの選び方

太陽光パネルの選び方_イメージ画像

ひと口に太陽光発電投資といっても、重視するポイントは人それぞれでしょう。
太陽光パネルも、メーカーによって特性が違うため、自身の投資スタイルにあった製品を選ぶことが大切です。
例えば20年以上のスパンで運用していくつもりなら、発電量を重視した太陽光パネルを選び、早めに元本を回収したいなら、コストパフォーマンスを重視した太陽光パネルを選ぶ、といった具合です。もし初期投資額を抑えて運用したい、ということであれば、費用が安く、発電量もそれに見合ったもの(けれど相応確実にリターンが見込めるもの)を選べばよいでしょう。
こういった製品の特性はなかなか見えづらいものですが、2つのポイントをチェックすれば大まかな傾向を把握できるはずです。そのポイントとは、「変換効率」と「kW単価」です。

変換効率とは

まず変換効率についてですが、これは太陽光パネルの面積当たりの発電量です。同じ大きさの太陽光パネルであっても、変換効率の数値が高い方が、低い方よりも多くの電力を得る(したがって収益も多く見込める)ことができます。

kW単価とは

kW単価とは、太陽光発電システムの合計価格を、システムの発電量で割ったものです。つまり、1kWの電力を得るのに掛かるコストのことを指します。太陽光発電は、総額が見えづらいものです。工事費等諸々を含めたコストパフォーマンスを把握するためにも、見積書をもらった際にkW単価を計算されることをおすすめします。

変換効率でみるおすすめメーカー

製品ラインナップの大まかな傾向で見てみると、東芝とシャープ、京セラ、パナソニックなどの大手国産メーカーが高い変換効率を誇っています。
とくに目立つのは東芝ですが、東芝の変換効率が高いモデルは、そのぶん価格も他の競合と比べて高めとなっているため、少々人を選びます。
その点、パナソニックやシャープ、京セラは、変換効率から見てコストパフォーマンスに優れたモデルをラインナップしているため、比較的導入しやすいと言えるでしょう。

Kw単価でみるおすすめメーカー

kW単価をみると、カナディアン・ソーラーや東芝、ソーラーフロンティア、三菱電機の製品が数ある競合の中でも低くなっています。
とくに目立つのはカナディアン・ソーラーです。kW単価が安いうえ、変換効率も平均前後は見込めそう。多くの収益が期待できる、というわけではありませんが、性能からするとお買い得であるということは間違いないでしょう。
次にkW単価が低いのはソーラーフロンティアと東芝ですが、ソーラーフロンティアの製品は変換効率が低めなので、東芝の方がコストパフォーマンスは高そうです。

もう一つ知っておきたい単結晶と多結晶

変換効率とkW単価以外に、どういった素材が使われているか、というポイントもチェックしておくと、より柔軟な製品選びができるはずです。
太陽光パネルの素材は結晶系シリコンが主流ですが、結晶系シリコンは単結晶と多結晶の2つに分けられます。
単結晶には、高コストではあるものの、結晶が規則正しく並んでいるため発電効率が高いという特性があります。ある程度資金に余裕があり、効率的に元本を回収していきたい人におすすめのタイプです。
一方の他結晶はこの反対で、低コストではあるものの、結晶が乱雑に並んでいるために単結晶よりも発電効率が低くなっています。導入の際の初期費用を抑えられるので、最低限のコストで長期的に太陽光発電を運用していきたい人におすすめと言えます。
今のところ、国産メーカーは単結晶の製品を多く取り扱い、海外メーカーは多結晶の製品を多く取り扱っている傾向があります。

違いを知って業者とともに選ぶのが吉

生活必需品などは、とりあえず人気製品を購入しておけば間違いはありません。しかし太陽光発電の場合は、どういった太陽光パネルを選ぶべきかというのは人によって異なります。
メーカーや製品の違いはもちろん、施工・管理まで含めたトータルの評価で導入の是非を判断されることをおすすめします。