太陽光発電で使われるパネル一覧 ジンコソーラーの太陽光パネルの特徴まとめ

ジンコソーラーの太陽光パネル

ジンコソーラーのキャプチャ画像
画像引用元:ジンコソーラー公式HP
(https://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp)
日本にも進出している海外メーカー

中国大手の太陽光発電メーカーの「ジンコソーラー」は、太陽光発電の製品やシステム、技術サービスを世界各国で提供している電子メーカーです。ジンコソーラーが独自で開発した基準寸法で、太陽光エネルギーが電気エネルギーに変換する効率を一定に保ってくれるのが最大の特徴。無駄な発電を減らしたいという方におすすめです。
また、コストが低いことで多くの人から評価されています。日本でも積極的に導入されるように業務を展開し、マーケットをアジアに拡大して活躍する注目の企業です。

独自の基準寸法で無駄をなくす太陽光発電パネル

ジンコソーラーが発売するスマートモジュールは、独自の基準寸法で太陽光発電を提供しています。そんな独自の基準寸法の最大の特徴は、太陽光発電パネルの裏面に電力の出力が得られる制御機能「MPPTシステム」を搭載している点。MTTPシステムを設置することで、太陽パネルの電流と電圧を最低限に制御して、電力量を安定させてくれます。そのため無駄な電力使用を控えて、なるべく太陽光発電投資に回したいと思っている人にピッタリ。
さらに、電力量を安定させる働きを伴っているので、万が一パネルにトラブルが起こった場合でも正常な発電量を保つことが可能です。

太陽光発電パネルが故障してしまう原因を未然に防ぐ

太陽光発電システムのパネルは表面に物体が付着すると、パネル内に大きな抵抗がかかってしまいます。場合によっては、物体が付着してしまった部分が熱を持ちパネルが故障してしまう「ホットスポット現象」を招いてしまうケースも。しかし、ジンコソーラーが提供しているスマートモジュールは屋根の形状や天候に考慮して設置されているため、ホットスポット現象を予防してくれます。
このような高品質な機能性を追求する部分がジンコソーラーが多く導入される理由のひとつです。

海外メーカーでも安心して利用できる制度

海外メーカーを利用するときに1番ネックになり不安になるのが「保証制度」。ジンコソーラーは日本に支社を持っているため安心保証の「10年間の品質保証」「25年間の出力限定保証」などのサービスを提供しています。
さらに、電子部品販売や輸出入、電子機器受託生産と幅広く活動している双日プラネットと共同で事業者向けの太陽光発電関連の保険「サンブレラ®」を提供。海外メーカーの太陽光発電のなかでもとくに安心ポイントを打ち出しているメーカーです。

型番
パネル種類
モジュール
最大出力
モジュール
変換効率
モジュール
出力保証(最長)
周辺機器
保証
JKM275PP-60
多結晶
275Wp 16.80% 要問合せ 要問合せ
JKM330PP-72
多結晶
330Wp 17.01% 要問合せ 要問合せ