太陽光発電で使われるパネル一覧 三菱の太陽光パネルの特徴まとめ

三菱電機の太陽光パネル

三菱電機のキャプチャ画像
画像引用元:三菱公式HP
(http://www.mitsubishielectric.co.jp/service/taiyo/)
大出力に定評のあり

日本を代表する総合家電メーカーの1つである三菱電機。産業メカトロニクスから重電システム、家庭電器まで幅広い事業部門を抱えており、その高い開発力は万人の知るところです。
そんな三菱電機の技術力は太陽光発電の分野でも遺憾なく発揮されていて、例えばセルの特性を均一化させたり、バス線本数を増やすことで電気抵抗を抑えたり、先端技術を組み合わせて高出力を実現。また、パワーコンディショナにかんしても従来の製品になかったインバータ方式を採用し、電力変換効率を劇的に向上させています。

高い出力と信頼性を誇る太陽光パネル

三菱電機には、275Wの高出力の太陽光パネルから、設置個所を柔軟に選べる220Wの太陽光パネルまでが豊富にラインナップされています。
中でもとくに注目したいのは、275Wという高出力の製品の存在です。なんでもセル配線の厚みを25%増やしたり、セルを保護する封止材の透過性を向上させて採光性を高めたり、集電電極を細線化したり、本当に細かい技術的努力を積み重ねて高出力を実現しているとのこと。
耐久性の面でも、塩害地域での使用に耐えうる3層構造バックフィルムや、低勾配設置でも排水・排埃に優れる防汚フレームなどを採用したり、製品の信頼性を高める工夫に余念がありません。

業界最高水準の電力変換効率を誇るパワーコンディショナ

こうした開発姿勢はパワーコンディショナについても同様で、業界で初めての諧調制御インバータ方式を採用し、電力変換効率を97.5%にまで高めるなどの実績を誇っています。

大手ならではの充実したサポート体制・保証制度

全国に豊富なネットワークを築いており、迅速なメンテナンスが期待できるというのも三菱電機の魅力。保証についても充実しており、三菱電機が定める出力(公称最大出力の下限値の97%、10年目までは90.7%、25年目までは80%)を下回った製品は、交換などに対応してもらうことができます。
もちろん、こういった出力保証は多くのメーカーで行われていますし、交換してもらえるかどうかは状況にもよります。しかし25年に及ぶ保証を無償で提供しているという点は、自社の製品への確かな自信の裏返しとも取れます。信頼性の高さは折り紙付きと言えるでしょう。

型番
パネル種類
モジュール
最大出力
モジュール
変換効率
モジュール
出力保証(最長)
周辺機器
保証
PV-MGJ 275CBFR 単結晶 275W 16.7%

25年公称最大出力の
72%

10年
PV-MGJ 275CBFS 単結晶 275W 16.7% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MGJ 275CBFKR 単結晶 275W 16.7% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MGJ 275CBFKS 単結晶 275W 16.7% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MGJ 270CBFR 単結晶 270W 16.4% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MGJ 270CBFS 単結晶 270W 16.4% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MGJ 270CBFKR 単結晶 270W 16.4% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MGJ 270CBFKS 単結晶 270W 16.4% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MGJ 265CBFR 単結晶 265W 16.1% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MGJ 265CBFS 単結晶 265W 16.1% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MG 220CBXR 単結晶 220W 15.5% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MG 220CBXS 単結晶 220W 15.5% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MG 220CBXBR 単結晶(防眩仕様 220W 15.5% 25年公称最大出力の
72%
10年
PV-MG 110CBXTSR 単結晶 110W 15.2% 25年公称最大出力の
72%
10年