太陽光発電で使われるパネル一覧 サンテックパワーの太陽光パネルの特徴まとめ

TOP  太陽光発電で使われるパネル一覧  サンテックパワー

サンテックパワーの太陽光パネル

サンテックパワー公式サイトキャプチャ
画像引用元:サンテックパワー公式HP
(http://www.suntech-power.co.jp/)
世界最高クラスの変換効率

サンテックパワージャパンは、1967年創業の株式会社MSKを前身とする太陽光発電メーカーです。現在は中国企業である順風インターナショナルクリーンエナジーの100%子会社となっていますが、開発拠点は日本にあり、特徴的な日本の国土や気候にあった発電効率の高い製品を取り扱っています。
とくに多結晶太陽光発電モジュールの品質に定評があり、その変換効率は世界最高クラス。国際的な認知度も高く、世界各国の産業プロジェクトで豊富な導入実績を誇っています。
また、外資メーカーでありながら専用のテクニカルセンターも完備されていて、万が一のトラブルの際にも迅速な対応が期待できます。

世界最高クラスの変換効率を誇る太陽光発電モジュール

サンテックパワーがラインナップする製品は多くありません。しかしそのぶん製品の品質が高く、世界各国でも豊富な導入実績を誇っています。
例えばSTP315-24/Vemという製品は、315Wの大出力に加え、変換効率も16.2%と高い数値を提示しており、同社の確かな技術力を伺わせます。

アジア最大級のテストラボを活用した耐久テスト

品質だけでなく、製品の耐久性についても要注目です。一般的な太陽光モジュールの認証試験では、耐久テストごとに異なるモジュールを使います。しかしサンテックパワーでは、1つのモジュールに対して複数のテストを連続で実施し、耐久性をチェックしているとのこと。
なんでも自社で大規模なテストラボを保有しており、そこで自社独自の厳しい耐久テストを行うことで、製品の信頼性を高めているのだそうです。

25年に及ぶ長期保証

このほか、モジュールの出力保証が25年と長期なのも見逃せません。太陽光発電の固定価格買取期間は20年ですから、その間の収入はほぼ保証してもらえるとも考えることができます。保証の内訳についてですが、設置後12年目までは公称最大出力の90%、25年目までは公称最大出力の80%までの出力が保証されています。
瑕疵についても、無償で12年保証されているため、太陽光発電投資最大のリスクである設備の故障にかんしては十分リスクヘッジされていると言えそうです。
自然災害による損害についてはこの限りではありませんが、サンテックパワーには有償で10年の自然災害補償も用意されているので、万全を期したい人はこちらを利用するのもよいでしょう。

型番
パネル種類
モジュール
最大出力
モジュール
変換効率
モジュール
出力保証(最長)
周辺機器
保証
STP320-24/Vem 多結晶 320W 16.5% 25年※設置後12年目までは公称最大出力の90%、25年までは公称最大出力の80% 12年