太陽光発電で使われるパネル一覧 インリーグリーンエナジージャパンの太陽光パネルの特徴まとめ

TOP  太陽光発電で使われるパネル一覧  インリーグリーンエナジージャパン

インリーグリーンエナジージャパンの太陽光パネル

インリーグリーンエナジージャパンのキャプチャ画像
画像引用元:インリーグリーンエナジージャパン公式HP
(http://www.yinglisolar.com/jp/)
品質と技術力の良さに定評あり

太陽光モジュールのリーディングカンパニーとして活躍しているインリーグリーンエナジージャパン。日本のみならず、イタリアやドイツ、スペインを含めた90ヶ国へモジュールを販売しています。
品質の良さで信頼されており、住宅用だけではなく産業用としても導入事例が多数。発電所やサッカースタジアムなどに設置されています。世界最先端の技術で世界中の顧客から信頼され、長年結果を残し続けているメーカーです。

品質の良いモジュールを用意

世界各国に販売しているインリーグリーンエナジージャパンは、取り扱うモジュールの種類も豊富。小型から大型、出力が高めのものから低めのものまでさまざまです。
代表製品のYGE60セルは最も使われているモジュールで、小さいながらに出力数が大きく、前面のみならず後面からも太陽の光をキャッチ。持続的にエネルギーを出力します。ドイツ技術検査協会であるTÜVの認証を受けているモジュールもあり、広く評価されているのがポイントです。種類が多いので、商業ビルや住宅など幅広く対応できます。

環境に優しい太陽光発電を実現

インリーグリーンエナジージャパンの太陽光発電モジュールを利用すると、自宅から排出されるあらゆる二酸化炭素を低減しながらも、4.8億個の電球を点灯するほどの電力を供給することが可能です。
また、5,200,000世帯の年間に必要となる消費電力を賄う力も持っています。太陽の力で電気を生み出すことだけではなく、モジュールの製造工程にも配慮。排出量を監視したり、定期的に排水流量を確認したりして、削減に取り組んでいます。製造工程から環境に配慮した太陽光発電はインリーグリーンジャパンのだからこそ。オーナーにも高い信頼を得ており、企業のみならず、世界各国の住宅で利用されています。
その他社会的責任を持ち、イノベーションに取り組んでいるインリーグリーンジャパンの太陽光発電は、グローバル企業として指標となる存在だといえるでしょう。

CSR活動を行っている環境改善意識の高い団体

環境や地域に影響を与えているインリーグリーンエナジージャパン。世界中の環境を改善するために、積極的にCSR活動に取り組んでいます。「会社が行った活動が社会全体をより良くすること」を目標にしているほど、環境改善への意識が高いのです。
アフリカの若い人たちにフットボールセンターを提供したり、他国のスポーツチームと新しいプログラムを実施したりして教育的利益へ貢献し、太陽光発電システムの金銭的利益を近隣学校へと提供し続けています。認知度が高まるとともに、太陽光エネルギーのさらなる進化のために活動に力を注ぎ続けている企業です。

型番
パネル種類
モジュール
最大出力
モジュール
変換効率
モジュール
出力保証(最長)
周辺機器
保証
PANDA BIFACIAL 60CF 325W 20.5%

10年

不明
PANDA 60 Cell Series 2 300W 20.5% 10年 不明
YLM 60 Cell Series 2 300W 20.5% 10年 25年
YLM 60 Cell 290W 19.9% 10年 不明
YGE 60 Cell Series 2 275W 19.9% 10年 不明
YGE 72 Cell Series 2 330W 18.5% 10年 不明
YGE 72 Cell Series 2 HSF Smart 330W 18.5% 10年 不明