産業用太陽光発電投資VS不動産投資、どっちがいい!? あなたにぴったりな資産運用はどちら?太陽光発電投資とマンション投資を比べてみました

TOP  産業用太陽光発電投資VS不動産投資、どっちがいい!?  あなたにぴったりな資産運用はどちら?太陽光発電投資とマンション投資を比べてみました

あなたにぴったりな資産運用はどちら?太陽光発電投資とマンション投資を比べてみました

資産運用と聞くと、株式や債券などを思い浮かべる人が多いと思いますが、最近、話題になっているのが、太陽光発電投資とマンション投資。どちらも一度、投資をしてしまうと特に何もすることがないように思いますが本当にそうなのでしょうか? 今回は、この太陽光発電投資とマンション投資について徹底調査。メリットもデメリットも余すところなく紹介していきます。大事な資産を運用する参考にしてみてください。

目次

太陽光発電投資とはどのようなもの?

太陽光発電投資とは簡単に言うと、太陽光のエネルギーを使って発電を行い、その発電した電力を電力会社に売ることで収益を得ることをいいます。太陽光発電投資の良いところは、投資した金額に対して得られる収益の割合(利回り)が高いこと、発電した電気を国が向こう20年間、一定の価格で買い取ることを約束している(固定価格買取制度)ことなどが挙げられます。一方、デメリットとしては、発電量が天候に左右されることや、20年たった後の見通しが不透明な点などです。

マンション投資とはどのようなもの?

マンション投資とは、言葉通り、マンションやアパートなどの集合住宅を購入して行う資産運用のことを言います。収益を得る方法は2種類あって、入居者を集い、その家賃収入で収益を得る方法と、マンションそのものの価値が上がった時に売却して、購入した時との差額で収益を得る方法があります。

マンション投資のメリットは、株や債券の投資と違って毎月、家賃という形で収益が入ってくること、サラリーマンなど本業がある人でも運用することができることなどが挙げられます。

一方、デメリットは、空き部屋が出てしまうと家賃収入が得られない、売却しようと思っても価値が下がってしまっても手放すことができない点などがあります。

投資した金額に対してどれくらいの収益が得られるの?

投資した金額に対して1年間でどれだけの収益が得られるかを示す「利回り」の割合で両者を比較してみましょう。

太陽光発電投資の場合、どれくらいの規模で事業を行うかによって、初期投資の金額や設備のメンテナンスなど、毎年かかる経費の金額は変わってきますが、一般的な利回りは、10%前後と言われています。得られる配当の利回りが2%を超えると高利回りと言われる株式投資に比べると、かなり高い利回りとなっています。

一方、マンション投資の利回りは、都内の人気エリアだと4~5%、都内の平均だと3~3.5%あれば理想です。大阪、名古屋、福岡など東京以外の都市部だと5~6%が一般的。東京以外の都市部の利回りが高い理由は、物件の購入価格が都市部に比べて安いからです。

投資をするにはどれくらいのお金が必要なの?

太陽光発電投資とマンション投資を始めるために準備すべき費用がどれくらいなのかを投資するお金の借りやすさ(ローンのしやすさ)と合わせて比較していきます。

太陽光発電投資:約1,000万円

2015年に経済産業省から発表されたデータによると、太陽光発電投資の投資金額の平均は税込みで161万円。しかし、この金額には、家庭用のものも含まれています。空き地などで本格的に売電を行う産業用のものを購入するとなると1,000万円規模の費用が必要なのが現実です。

お金の借りやすさですが、太陽光発電投資の大きな特徴でもある「法律で20年間、固定で買い取ることが決まっている」という点は、借りやすくなる大きなポイントとなります。収益の確実性が高いので、借り入れはしやすいと言えるでしょう。

マンション投資:規模にもよるが数千万円規模の資金が必要

一方、マンション投資は、一般の人が自分の住宅を買うのと同様に自己資金を頭金にして、残りは銀行などの金融機関から借り入れを行うことが多い傾向にありますが、金融機関からの借り入れを行う場合には、本業など別に収入が程度、ある人に限られます。規模にもよりますが、マンションをまるごと1棟買うとなると、それなりに自己資金が必要。数千万円は準備しておいた方が良いかもしれません。

どれくらいの期間、投資しなければならないの?

最初に、投資した金額が返ってくるまでの運用スパンについて比較していきます。

太陽光発電投資の運用スパン:20年

太陽光発電投資は、空き地などに太陽光発電のソーラーパネルを設置して、売電を行いながら収益を得ます。固定価格買取制度によって20年間、売電できることが決まっているので、投資する運用スパンは、最低でも20年ということになります。

マンション投資の運用スパン:30年以上

続いてマンション投資のケースです。家賃収入で収益を得るために新築のアパートやマンションを購入した場合、建物の耐用年数は一般的に30年が目安とされていますが、今では建築技術が進歩し、40年や50年の建物も珍しくありません。ですので、投資期間は30年以上。一方、転売目的の場合は、買った時よりも高くなればいつでも売却できるので、決められた運用スパンというものはありません。

投資する上でのリスクはどのようなものがあるの?

太陽光発電投資とマンション投資のリスクについての比較をしてみましょう。

地震などの災害や経年劣化による設備の修繕

太陽光発電投資をする上で考えられるリスクのひとつが、災害により太陽光発電のパネルが破損し、発電できなくなってしまうこと。パネルは、屋外に設置するため、地震や台風、竜巻、火災、水害など事前に予測することができない災害で、故障したり、破損したりする可能性があります。ですが、このような災害は、頻繫に起きる訳ではないので、他の投資に比べるとローリスクだと言えるでしょう。

次は、経年劣化によって設備を交換したり修理したりしなければならない点。年数が経過すると設備が古くなり、設置当初のような発電力が維持できなくなってしまいます。あまりに発電の効率が下がっている場合は、設備を交換したり修理したりしなければなりません。太陽光発電のパネルは、世界各国で作られていますが、中でも日本製のものは耐久性が高く、高品質なものが多いことで有名です。

借金のリスクと資産価値のリスク

一方、マンション投資のリスクとして、真っ先に挙げられるのが、借金のリスクです。マンションは高額なので、自己資金で購入できる人は一握りだけ。ほとんどの人がローンを組んで返済をしなければなりません。その返済のほとんどは入居者の家賃収入でまかなわれます。ですので、空き部屋などが多くなると、ローンの返済が滞り、マンション投資が行き詰ってしまいます。

この他では、資産価値の下落もマンション投資を行う上での大きなリスクのひとつ。マンションを建ててから、時間が経過したことによる価値下落の他に、近くに新たなマンションが建設されたため、相対的に価値が下落することも考えられます。

太陽光発電投資とマンション投資の比較

これまでに紹介してきた太陽光発電投資とマンション投資について整理しながら比較していきましょう。

まず、資産運用を行うための投資額ですが、両者ともにかなりの資金が必要です。数千万円はあった方が良いかも知れませんが、金融機関からの借り入れがしやすい投資なので、全てを自己資金でまかなう必要はありません。

次に、運用スパンですが、太陽光発電投資が20年で、マンション投資が30年以上。資産運用の中では、かなり長期間に渡る運用となります。株などのように、すぐに換金することが難しいので、ある程度、換金できないことを覚悟の上で投資するようにしましょう。

最後にリスクについての比較です。太陽光発電投資もマンション投資も不動産を購入して、収益をあげていくので、災害などのリスクはつきものです。それに加えてマンション投資は借金と資産価値が下落するリスクがあります。太陽光発電投資の場合は、発電の計画がしっかりしているのと、法律で電気を買い取ってくれることが決まっているので、借金のリスクはそこまで高くありません。また太陽光発電のソーラーパネルの価値が下落しても発電には影響がないので、これらの点に関しては、太陽光発電の方が有利です。

まとめ

太陽光発電投資とマンション投資について、様々な視点から比較してきました。両方とも、長期的な目線で資産運用を行う点では似ていますが、より安全に資産運用を行いたいという人には、太陽光発電投資がおすすめ。逆に、やり方次第で効率的に収益をあげたいという人にはマンション投資が向いています。今回、紹介したのは、基本的なことばかりなので、興味のある人はしっかりと勉強をして、上手く自分の資産を運用してください。