産業用太陽光発電投資VS不動産投資、どっちがいい!? あなたにぴったりな資産運用はどちら?太陽光発電投資と駐車場投資を比べてみました

TOP  産業用太陽光発電投資VS不動産投資、どっちがいい!?  徹底比較!太陽光発電投資と駐車場投資

あなたにぴったりな資産運用はどちら?太陽光発電投資と駐車場投資を比べてみました

数ある投資の中でも、特別な知識や技術が必要なくても始めやすいことで知られる太陽光発電投資と駐車場投資。今回はこの2つの投資方法について分かりやすく紹介していきます。 みなさんが気になる、どれだけの収益を得られるのか、どのような良いことがあるのか、といった良い部分だけでなく、投資の裏に潜むリスクなどについても説明。今後の資産運用の参考にしてみて下さい。

目次

太陽光発電投資とはどのようなもの?

太陽光発電投資とは簡単に言うと、太陽光のエネルギーを使って発電を行い、その発電した電力を電力会社に売ることで収益を得ることをいいます。太陽光発電投資の良いところは、投資した金額に対して得られる収益の割合(利回り)が高いこと、発電した電気を国が向こう20年間、一定の価格で買い取ることを約束している(固定価格買取制度)ことなどが挙げられます。一方、デメリットとしては、発電量が天候に左右されることや、20年たった後の見通しが不透明な点などです。

駐車場投資とはどのようなもの?

駐車場投資とは、空いている土地に投資して整備を行い、駐車場として活用する資産運用の方法。主な種類として、同じ人に連続して貸し続ける月極駐車場と、不特定多数の人にその都度、貸し出すコインパーキングの2種類があり、運用形態も自己経営と業者に委託する方法の2つがあります。

駐車場投資のメリットは、マンション投資などのように建物がなくても土地があればできる点です。月極駐車場だとマンション投資などと同じく長期的に安定して収入が得られることや、料金の未払いが少ないことが挙げられます。コインパーキングは、利用してもらえればもらうほど収入が増えるほか、普段なら駐車場としての活用が難しいような極小の土地やいびつな形をした土地でも、立地条件さえよければ経営することが可能です。

一方、デメリットとしては、月極駐車場だと長期間、空きが出る可能性があり、コインパーキングだと、機械設置の初期投資がかかることや、未払いの可能性があることなどが挙げられます。

投資した金額に対してどれくらいの収益が得られるの?

投資した金額に対して1年間でどれだけの収益が得られるかを示す「利回り」の割合で両者を比較してみましょう。

太陽光発電投資の場合、どれくらいの規模で事業を行うかによって、初期投資の金額や設備のメンテナンスなど、毎年かかる経費の金額は変わってきますが、一般的な利回りは、10%前後と言われています。得られる配当の利回りが2%を超えると高利回りと言われる株式投資に比べると、かなり高い利回りとなっています。

次は駐車場投資です。まず月極駐車場の一般的な貸付料は、東京の都心部で約5万円、政令指定都市で1万円~3万円、その他の土地だと5,000円から1万円程度が目安。これらの場合だと利回りは約4%になります。コインパーキングは平均稼働率50%をキープできたと仮定して、利回りはこちらも4%程度。駐車場投資は、立地条件が命なので、道路沿いにあるか、周りにどのような施設があるかなどによって利回りは20~30%など、大きく変化することを覚えておきましょう。更に、既に土地を持っている場合は、利回りはグンと上がり、50%を超えることも可能です。

また、自分が土地を持っていて、それをコインパーキングなどの専門業者に貸し出しいている場合は、業者から毎月、決まった賃料をもらえるので、利用率などを心配する必要はありません。

投資をするにはどれくらいのお金が必要なの?

太陽光発電投資と駐車場投資を始めるために準備すべき費用がどれくらいなのかを投資するお金の借りやすさ(ローンのしやすさ)と合わせて比較していきます。

太陽光発電投資:約1,000万円

2015年に経済産業省から発表されたデータによると、太陽光発電投資の投資金額の平均は税込みで161万円。しかし、この金額には、家庭用のものも含まれています。空き地などで本格的に売電を行う産業用のものを購入するとなると1,000万円規模の費用が必要なのが現実です。

お金の借りやすさですが、太陽光発電投資の大きな特徴でもある「法律で20年間、固定で買い取ることが決まっている」という点は、借りやすくなる大きなポイントとなります。素人がマンションを経営したりするよりも、収益の確実性が高いので、借り入れはしやすいと言えるでしょう。

駐車場投資:数十万円~300万円

一方、駐車場投資の場合は、他の不動産投資に比べてかなり安い投資で始めることが出来ます。例えば、10台程度のコインパーキングを始めるのに必要な初期投資の目安は、約300万円。すでに土地を持っているのであれば、これだけで始めることが可能です。月極駐車場だと、これらの初期投資も必要なく、アスファルト舗装や街灯を設置する程度の整備で始めることができます。

どれくらいの期間、投資しなければならないの?

最初に、投資した金額が返ってくるまでの運用スパンについて比較していきます。

太陽光発電投資の運用スパン:20年

太陽光発電投資は、空き地などに太陽光発電のソーラーパネルを設置して、売電を行いながら収益を得ます。固定価格買取制度によって20年間、売電できることが決まっているので、投資する運用スパンは、最低でも20年ということになります。

駐車場投資の運用スパン:決められた運用期間は無し

駐車場投資は、土地の価格に変動がなければ、そのままの金額で売り渡すことができるので、特に決まった運用期間などはありませんが、コインパーキングなどの初期投資がかかっている場合は、それを回収するまで運用した方が良いでしょう。

投資する上でのリスクはどのようなものがあるの?

太陽光発電投資と駐車場投資のリスクについての比較をしてみましょう。

地震などの災害や経年劣化による設備の修繕

太陽光発電投資をする上で考えられるリスクのひとつが、災害により太陽光発電のパネルが破損し、発電できなくなってしまうこと。パネルは、屋外に設置するため、地震や台風、竜巻、火災、水害など事前に予測することができない災害で、故障したり、破損したりする可能性があります。ですが、このような災害は、頻繫に起きる訳ではないので、他の投資に比べるとローリスクだと言えるでしょう。

次は、経年劣化によって設備を交換したり修理したりしなければならない点。年数が経過すると設備が古くなり、設置当初のような発電力が維持できなくなってしまいます。あまりに発電の効率が下がっている場合は、設備を交換したり修理したりしなければなりません。太陽光発電のパネルは、世界各国で作られていますが、中でも日本製のものは耐久性が高く、高品質なものが多いことで有名です。

月極は空きが長期間になる可能性がある、コインパーキングは、利用者同士のトラブル

駐車場投資のリスクを月極駐車場とコインパーキングの場合で紹介。まず月極駐車場は、マンション投資と同じように、年単位での利用が多いため、空きがでてしまうと長期間、埋まらない可能性があります。また、違法駐車や粗大ゴミなどの不法投棄が多いという側面も。この他だと、企業などに数台分を一括して貸し出しをすると、利用中は良いのですが、解約されてしまうと一気に空きが大量に出てしまいます。経営が悪化し、賃料の支払いが遅れると、収入がないにもかかわらず、他の人に貸し出すことすらできません。

コインパーキングは、不特定多数の人が頻繁に出入りするので、車をぶつけるなど利用者同士のトラブルが多くなります。また、アスファルト舗装や専用の機械を設置するので、転売する時に、更地に戻す手間などがかかる点も見逃せません。

太陽光発電投資と駐車場投資の比較

これまでに紹介してきた太陽光発電投資と駐車場投資について整理しながら比較していきましょう。

まず、資産運用を行うための投資額ですが、大きく異なります。太陽光発電投資は1,000万円規模の費用が最初にいるのに対して、駐車場投資はコインパーキングでなければ、ほとんど土地代だけで始めることが出来ます。ですので、既に土地を所有している人は、わずかな投資額で始めることが可能です。

次に、運用スパンですが、こちらも、太陽光発電投資が20年という長期間に渡る一方で、駐車場投資は月極駐車場の場合は、買い手さえ見つかればすぐに売却することが可能です。ただし、コインパーキングの場合だと、更地に戻すのに、アスファルト舗装や設備を撤去しなければならないので、気を付けるようにしましょう。

最後にリスクについての比較です。太陽光発電投資は、災害や時間が経過することにより、ソーラーパネルなどの設備を修繕しなければなりませんが、駐車場投資の場合は、大きな設備はほとんど必要ないので、このようなリスクはありません。しかし、月極駐車場だと空きが出ると長引いてしまいがちになってしまいます。また、金銭的なリスクの他に、ゴミの不法投棄やコインパーキングにおける、利用者同士のトラブルといった駐車場投資ならではのリスクがあることも重要です。

まとめ

太陽光発電投資と駐車場投資について、比較しましたがいかがでしたか?太陽光発電投資は、数千万単位の投資資金を用意することができる人や、なるべくリスクの少ない資産運用を希望している人にぴったり。好立地な場所にすでに土地を持っている人には、駐車場投資がおすすめです。今回、紹介したのはそれぞれの投資のほんの一部分です。実際に資産運用を始める前にはしっかりと学習して、自分の資産を減らしてしまわないように気を付けましょう。