産業用太陽光発電投資VS不動産投資、どっちがいい!? 徹底比較!太陽光発電投資とリート投資

TOP  産業用太陽光発電投資VS不動産投資、どっちがいい!?  徹底比較!太陽光発電投資とリート投資

あなたにぴったりな資産運用はどちら?太陽光発電投資とリート投資を比べてみました

太陽光発電投資とリート投資。この2つの投資についてご存知でしょうか?聞いたことがあっても、どのようなものなのか、きちんと理解していない人も多いと思います。今回は、この2つを比較しながら、どのようなものかを紹介していきます。投資には興味があるけれど、何だか難しそうで苦手意識を持っている人にも分かるように、できるだけ簡単な言葉で解説してあるので、参考にしてみて下さい。

目次

太陽光発電投資とはどのようなもの?

太陽光発電投資とは簡単に言うと、太陽光のエネルギーを使って発電を行い、その発電した電力を電力会社に売ることで収益を得ることをいいます。太陽光発電投資の良いところは、投資した金額に対して得られる収益の割合(利回り)が高いこと、発電した電気を国が向こう20年間、一定の価格で買い取ることを約束している(固定価格買取制度)ことなどが挙げられます。一方、デメリットとしては、発電量が天候に左右されることや、20年たった後の見通しが不透明な点などです。

リート投資とはどのようなもの?

リート投資とは、不動産投資信託のことを指します。株式や債券などで行う投資信託を、不動産を対象とした金融商品で行う資産運用の方法です。リート投資の場合、購入するのは、あくまで金融商品で実物の不動産ではありません。この点が、不動産投資と大きく異なります。

通常の投資信託と同じく、オフィスビルや商業施設、住宅など複数の不動産に投資した金融商品の販売を行っているので、一つの不動産に空き家があっても他の不動産で家賃収入が見込めるため、リスクを分散させることが可能です。また、少額で投資ができる他、不動産のプロが代わりに運用を行ってくれるので、私たちのような一般人が不動産投資をする場合より、失敗する可能性が低くなるというメリットがあります。

一方で、実物を所有していないので、不動産に住むことができない点や、金融商品を扱う法人が倒産してしまう危険がある点が、リート投資のデメリットです。

投資した金額に対してどれくらいの収益が得られるの?

投資した金額に対して1年間でどれだけの収益が得られるかを示す「利回り」の割合で両者を比較してみましょう。 太陽光発電投資の場合、どれくらいの規模で事業を行うかによって、初期投資の金額や設備のメンテナンスなど、毎年かかる経費の金額は変わってきますが、一般的な利回りは、10%前後と言われています。得られる配当の利回りが2%を超えると高利回りと言われる株式投資に比べると、かなり高い利回りとなっています。

一方、リート投資の一般的な利回りの相場は、およそ3.5%。これよりも利回りの高いリート商品もありますが、利回りが高い分、元本割れする危険性も高くなります。

投資をするにはどれくらいのお金が必要なの?

太陽光発電投資とリート投資を始めるために準備すべき費用がどれくらいなのかを投資するお金の借りやすさ(ローンのしやすさ)と合わせて比較していきます。

太陽光発電投資:約1,000万円

2015年に経済産業省から発表されたデータによると、太陽光発電投資の投資金額の平均は税込みで161万円。しかし、この金額には、家庭用のものも含まれています。空き地などで本格的に売電を行う産業用のものを購入するとなると1,000万円規模の費用が必要なのが現実です。

お金の借りやすさですが、太陽光発電投資の大きな特徴でもある「法律で20年間、固定で買い取ることが決まっている」という点は、借りやすくなる大きなポイントとなります。収益の確実性が高いので、借り入れはしやすいと言えるでしょう。

リート投資:1万円~100万円以上

リート投資は、最低購入価格が決められています。安いものだと1万円程度で買うことが出来ますが、高額なものだと100万円を超えてしまうものも。初心者の人は、まず10万円以下の商品を買ってみるのがおすすめです。 ですので、不動産投資のように最初にまとまった金額が必要になるわけではありませんので、借り入れなどは行わず、自己資金で購入するようにしましょう。

どれくらいの期間、投資しなければならないの?

最初に、投資した金額が返ってくるまでの運用スパンについて比較していきます。

太陽光発電投資の運用スパン:20年

太陽光発電投資は、空き地などに太陽光発電のソーラーパネルを設置して、売電を行いながら収益を得ます。固定価格買取制度によって20年間、売電できることが決まっているので、投資する運用スパンは、最低でも20年ということになります。

リート投資の運用スパン:3~5年

リート投資は、基本的には、投資信託に似た性格の金融商品であるため、長期間、保有して運用するのが一般的です。しかし、リート投資の金融商品は、東京証券取引所に上場しているので、その都度、換金することが可能です。一般的な保有期間は、3~5年程度です。

投資する上でのリスクはどのようなものがあるの?

太陽光発電投資とリート投資のリスクについての比較をしてみましょう。

地震などの災害や経年劣化による設備の修繕

太陽光発電投資をする上で考えられるリスクのひとつが、災害により太陽光発電のパネルが破損し、発電できなくなってしまうこと。パネルは、屋外に設置するため、地震や台風、竜巻、火災、水害など事前に予測することができない災害で、故障したり、破損したりする可能性があります。ですが、このような災害は、頻繫に起きる訳ではないので、他の投資に比べるとローリスクだと言えるでしょう。

次は、経年劣化によって設備を交換したり修理したりしなければならない点。年数が経過すると設備が古くなり、設置当初のような発電力が維持できなくなってしまいます。あまりに発電の効率が下がっている場合は、設備を交換したり修理したりしなければなりません。太陽光発電のパネルは、世界各国で作られていますが、中でも日本製のものは耐久性が高く、高品質なものが多いことで有名です。

国内情勢や景気に左右されやすい

一方、リート投資は、金融商品なので、常に元本割れする危険性は潜んでいます。例えば、投資対象の不動産が火災や地震の被害に見舞われると、金融商品の価格や分配金に影響が出る可能性も。また、不動産の賃料収入は経済情勢などに左右されるので、不景気になると物件の価値が低下するなど、不動産市場のリスクも考えられます。この他、リート投資を扱い、運営しているのは、一般の法人と同様に倒産する可能性があることも忘れてはなりません。

太陽光発電投資とリート投資の比較

これまでに紹介してきた太陽光発電投資とリート投資について整理しながら比較していきましょう。 まず、資産運用を行うための投資額ですが、大きな違いがあります。太陽光発電投資は1,000万円を超える投資が必要ですが、リート投資は少額での運用が可能。10万円以下の商品が多数あるので、リート投資の方が、気軽に始めることができます。

次に、運用スパンですが、太陽光発電投資は20年以上かけてじっくりと収益をあげていくタイプの投資なのに対して、リート投資の運用スパンは3~5年。比べると、リート投資が短く感じますが、金商品で運用スパンが数年にわたるのは長期保有に該当します。

最後にリスクについての比較です。太陽光発電投資は、設置した太陽光ソーラーパネルが火災や地震などで被災することが考えられる他、20年以上、運用を行うので、途中で設備の修繕が必要になります。リート投資も同様に、対象の不動産が天災に見舞われて被害を受ける可能性がある他、経済情勢などによって投資した商品が元本割れすることも。

まとめ

太陽光発電投資とリート投資について紹介してきましたが、いかがでしたか?太陽光発電投資は、比較的リスクが少ないので、より安定した運用をしたい人や、まとまった運用資金を用意できる人におすすめ。逆に、まずは少額での運用をしてみたいという人には、リート投資がぴったりです。ですが、これらの資産運用は、必ず儲かるわけではないことをしっかりと頭に入れて、慎重な資産運用を心がけましょう。