産業用太陽光発電投資VS不動産投資、どっちがいい!? 太陽光発電投資VS不動産投資【リスク編】

不動産投資のリスク一覧

投資期間を長く取ることでリスクをヘッジし、5~10%の実質利回りを得られる不動産投資。確かに魅力的な投資商品ですが、やり方を一歩間違えると、取り返しのつかない大損をしてしまう可能性も孕んでいます。
ここでは、不動産投資を考える上で知っておきたいリスクについて解説します。

空室リスク

不動産を運用する上でもっとも注意したいのが、空室リスクです。
確かに不動産投資は、物件を購入すれば後は管理会社に任せるだけでお金が入ってくるおいしい投資です。
しかしこれは、安定して家賃を支払ってくれる入居者がいることが前提。もし入居者が途絶えれば、その瞬間から収入は絶たれるわけです。
最近は一括借り上げなどで家賃を保証してくれる管理会社がほとんどですが、それは自社で入居者を集められるという自信があってのこと。根本的に入居者が入ってくれなければ、そのうち共倒れとなる可能性が高いです。
都心部に限って言えば、今後も人口が増えていくことが見込まれているので、まだ物件の需要はあるでしょう。10年スパンで見ても、上手に運用すれば安定して収益を得られるはずです。
ただ、それでもやはり空室リスクは懸念されます。というのも、ここ10年の間不動産投資は過熱傾向にあり、入居者の利便性等を考えずただ住居を建てただけ、という物件が少なくないからです。
例え人口が増えていても、入居希望者から選んでもらえなければ空室リスクは免れません。不動産投資の仕組みはシンプルですが、市場の状況次第で立ち行かなくなる難解さも秘めているのです。

空室リスクは今後拡大していく!?

国をはじめ、各市町村も努力していますが、今後数十年にわたり日本の人口は減少していくことが見込まれています。
都心部の人口は増加傾向にありますが、これは単に地方から移住しているだけで、国の人口全体が増えているわけではありません。
したがって、長期的な目線に立てば、空室リスクは今後拡大の一途を辿ります。
もし不動産投資を考えるなら、そうした空室リスクを跳ねのけるだけの、魅力のある物件を手に入れることをお勧めします。
幅広い人を惹きつける魅力でなくとも構いません。例えばペットを飼っている人向けに特化した物件であるとか、20代前半女性向けに特化した物件であるとか。とにかくほかの物件にはない、けれど一部の人が必ず必要としている付加価値を見極められるかどうかが、不動産投資の明暗を分けるはずです。
不動産投資会社の提案を聞く時は、ラインナップされている物件にそうした付加価値があるかどうかを、ぜひチェックされてみてください。

滞納リスク

空室リスクほど深刻ではありませんが、場合によっては致命的な痛手となるのが滞納リスクです。滞納リスクとは、文字通り入居者に家賃を滞納されてしまうケースを指します。
管理会社に物件の管理を委託している場合は、自身で対応することはないかもしれません。しかし家賃回収業務を自分で行っている場合は、注意が必要です。滞納は、期間が長引けば長引くほど回収の見込みは低くなります。適切な対応を取っていれば心配はありませんが、場合によっては債務が時効となってしまうケースも考えられます。
万が一家賃を滞納されてしまった時は、早めに行動を起こすか、家賃の回収などを専門的に請け負っている業者に依頼されることをお勧めします。
また、これから不動産投資をしようと考えている人は、契約する業者がどこまで物件の管理を請け負ってくれるのか、打ち合わせの際にしっかり確認されるとよいでしょう。賃貸管理会社の中には、滞納保証という、滞納分の家賃全額を保証するサービスを完備しているところもあります。滞納リスクを避けたいなら、こうしたサービスのある業者を選ぶのも手です。

物件価値下落リスク

どのような物件であろうと、時間と共に劣化していきます。同じ条件の物件であれば、当然ながら新しい物件の方が物件価値は高くなりますし、大抵の入居希望者も、より築年数の浅い物件を選ぶ傾向にあります。
時間を味方につけ、低リスクでそれなりのリターンを期待できるのが不動産投資の魅力です。しかし一方で、時間による物件価値の低下をいかに抑えるか、という点に注意しておかないと、運用が立ち行かなくなる恐れもあるわけです。
価値の低下を抑えるためには、そもそも購入の時点で、どの時代にも通用する普遍的な魅力を持った物件を選ぶのが早道です。
例えば、立地。駅から近い、最寄り駅に快速が停まる、スーパーや病院、学校などが近い、というように、時代を選ばず一定のニーズが期待できる立地にある物件は、価格の下落がゆるやかな傾向にあります。
また、設備の利便性も大切です。最近では当たり前になってきましたが、オートロックやバス・トイレ別、といったものも、根強いニーズと言えます。
とにもかくにも、不動産投資のリスクを軽減するためには、入居者に選んでもらえる物件を選ぶことが重要です。

太陽光発電投資なら…

太陽光発電投資_イメージ画像

不動産投資に類似する投資に、太陽光発電投資があります。以下では、不動産投資のリスクと太陽光発電投資のリスクを照らし合わせ、それぞれの違いをまとめてみたいと思います。
人によっては、不動産投資よりも太陽光発電投資の方が適しているかもしれません。ぜひチェックされてみてください。

空室リスク=日照率

不動産投資でもっとも大きなリスクは空室リスクですが、太陽光発電には空室リスクに該当するものがありません。物件の立地が悪ければ収益が望めない、という点は不動産投資と同じですが、太陽光発電投資で入居者にあたるのは日光です。設備が適切に稼働し、太陽光パネルに日光があたってさえいれば、収益は望めます。
空室リスクに該当するものを強いて挙げるとすれば日照率ですが、よほど日当たりの悪い環境を選ばない限り、発電量がゼロということはないでしょう。
太陽光発電投資は、いわば空室リスクのない不動産投資のようなものなのです。

滞納リスク=なし

不動産投資の場合、入居者が家賃を支払ってくれない滞納リスクがあります。一方の太陽光発電投資では、そもそも入居者がいません。したがって、滞納リスクに該当するものはないのですが、収入が得られないという意味で言うなら、電力会社に買取してもらえないというリスクが存在します。
国が普及を推進していることもあり、太陽光発電による電力の買取を電力会社は拒否できません。しかし消費される以上の電力を買取っていたら、電力会社はいずれ潰れてしまいます。
そのため、苦肉の策として電力会社が電力の買取を中断する、ということも考えられます。可能性としてはあまり高くありませんが、こういったリスクもある、ということは知っておくとよいでしょう。

物件価値下落リスク=経年劣化

日本の不動産は、新しい物件ほど価値が高く、古い物件ほど価値が低くなる傾向にあります。入居者は入りづらくなりますし、売却するにしても、新築時以上の価格がつくケースは多くありません。
しかし太陽光発電の場合、こうした時間経過による物件価値の下落リスクはほとんど考えなくてよいでしょう。
大抵の場合、地方の地価の低い土地を購入することになるため、物件価格の変動は小さいですし、太陽光発電設備にしても20年以上稼働することを前提に作られています。
もちろん設備の保守・点検は不可欠ですし、経年劣化によってある程度発電効率は下がりますが、収益に直結するほど設備の状態が悪化することは、まずないはずです。

長期的な収益、リスクの低さなら太陽光発電投資

安定収益のイメージ画像

不動産投資と太陽光発電投資は、よく比較されます。初期投資額の大きさや、ほとんど手放しで運用できる点。リスクを抑えて長期的に収益を得ていく点などが似ているからです。
人によって投資する動機は違いますので、どちらがいいと断言することはできません。
ただ、太陽光発電投資は中古市場が成熟しておらず、途中でやめるというのが不動産投資に比べて難しくなっています。もし短期間に投資を切り上げたいような人は、数年運用して売却しても元が取れる可能性の高い、不動産投資の方を検討されてみるとよいでしょう。
一方、10年、20年先の資金需要に備えて低リスクの資産運用をしたいと考えているなら、空室リスクなど人の絡む要因の少ない太陽光発電投資をおすすめします。最終的な利回りも、不動産投資よりも太陽光発電投資の方が大きい傾向にありますので、じっくり運用されたい人は、ぜひ太陽光発電を検討されてみてください。