太陽光発電業者にまつわるトラブル集 太陽光発電にまつわる近隣とのトラブル

TOP  太陽光発電業者にまつわるトラブル集  太陽光発電にまつわる近隣トラブルやよくある苦情

太陽光発電を導入したことによって、近隣の方とのトラブルが起こってしまう事例があります。ここでは、太陽光発電にまつわる近隣とのトラブル事例や、その対策について紹介しています。

太陽光の反射トラブル

太陽光発電パネルによる反射光は、近隣からの苦情になりやすい問題です。実際に起こったクレームの中では、テレビに取り上げられたり裁判になったりした事例もあります。

反射光はどのような角度でどこへ当たるのか、事前の調査で計算することが可能です。どうしても反射光が当たってしまうお宅がある場合は、どの程度の光があるのか事前に説明して承諾してもらうことがベターです。

電磁波トラブル

太陽光発電を設置したことで、「電磁波のせいで体調に影響を受けた」という苦情が起こった事例があります。確かに太陽光発電によって電磁波は発生しますが、国際機関で定められている基準を十分下回る数値です。もしそのような苦情が来たら、健康に影響はないという説明をしましょう。

土地のトラブル

野立てで太陽光発電装置を設置する場合、土地の境界があいまいな状態だと、近隣とのトラブルを起こしやすくなります。事前に確定測量(土地の境界をはっきりさせるための測量)をしておきましょう。

子供が入るリスクとトラブル

子供が設備施設内に入り込んでしまうというトラブルも、これまでに事例が多い問題です。フェンスや標識などを設置し、子供が侵入できないようにする対処が必要になります。監視カメラを設置していることを標識で示すことも効果的です。

太陽光発電の近隣トラブルについてのまとめ

  • 太陽光の反射や電磁波などについて正しい知識を得ておく
  • 土地の境界があいまいにならないよう事前の測量を
  • 子供が入らないように十分な対処を

太陽光発電は、まだまだ近隣とのトラブルを起こしやすい設備です。正しい知識を持って対策するため、しっかりと専門家に相談して設置することが大切です。