太陽光発電業者にまつわるトラブル集 太陽光発電投資でよくある詐欺の事例

TOP  太陽光発電業者にまつわるトラブル集  悪徳業者による詐欺にあった

太陽光発電投資での詐欺はこの3ケースが多い!

太陽光発電投資は、将来性のある投資分野です。国がクリーンエネルギーの普及を推進していることもあり、一般にも広く認知され始めています。
しかし、そんな注目度の高さを利用した詐欺も少なくありません。ここでは、太陽光発電投資の主な手口についてピックアップしてみたいと思います。
甘言に騙されないためにも、ぜひ目を通してみてください。

投資物件がそもそもないケース

太陽光発電の詐欺の手口としてよくあるのが、物件(太陽光発電所)が存在しないにもかかわらず投資を勧めてくるというものです。
飛び込みの訪問や電話で営業してくるのが常套手段ですが、中には周到に事務所を構えて打ち合わせまでするケースも。
そうした業者はいかにも業界に精通している風を装い、言葉巧みにお金を振り込ませた後で失踪します。
業者が詐欺かどうかを100%見極めるのは難しいですが、例えばスタッフが名刺をくれなかったり、会社がどこにあるのか具体的な情報を教えてくれなかったりする場合は、注意が必要です。
ウェブ検索や電話帳などを使ってもその業者のバックボーンが把握できないときは、さっさと話しを打ち切って拒絶されることをおすすめします。

工事費が高額なケース

物件は存在するものの、フェアな取引をしてくれない、というのも悪徳業者によくある手口です。
例えば、異常に高額な工事費を請求したり、将来的な利益を水増ししてシミュレーションして契約したり、利息の高いローンを契約させようとしたり、さまざまなケースが考えられます。
法律に違反しているものばかりではないため、詐欺とは言えないかもしれませんが、グレーな方法で投資者から大金を奪い取ろうとする業者も中にはいます。
そうした業者を見極めるためには、複数の業者に見積もりを依頼し、望んでいる物件の相場を把握するのが効果的です。
もちろん、相場から外れている業者が悪徳業者と断言はできませんが、業者毎の値付けの根拠を見比べることで、妥当なサービスを提供しているかどうかが見えてくるはずです。

工事が粗悪なケース

一見妥当な価格で工事を請け負ってくれたものの、施工品質が粗悪、というケースもあります。
最小限の労力で最大限の報酬を得ようと手抜き工事をしたり、ノウハウがないのに工事を請け負ったり、このケースにもさまざまなシチュエーションが考えられます。
単純に質の悪い施工をするだけならまだリカバーもできますが、最悪なのはメーカーの設置基準から外れた工事をしたことで設備が故障してしまった場合。収益が得られないのはもちろん、保証を受けることもできなくなってしまいます。
こういった事態を避けるためにも、依頼する業者にしっかりと施工実績があるのかどうかを事前にチェックされることをおすすめします。
「業者名 口コミ」や「業者名 評判」などで検索すれば、きちんとした業者であれば少なからず情報が得られるはずです。

実際に会った太陽光発電投資詐欺の事例

詐欺事例_イメージ画像

40代のDさん(仮名)は老後の生活に不安を感じていました。
子供はまだ小さく、今後も出費が嵩むことが予想される状況で、何とかお金を蓄えようと資産運用について自分なりに勉強したといいます。
そんなとき、ふと目にしたのが太陽光発電投資の広告でした。安定性・利回りともに希望にぴったり合致しており、「これしかない!」とDさんは直感したそうです。
Dさんはさっそく業者に申し込みをしました。一区画2000万円の分譲太陽光発電で、申込金は200万円。決してポンと出せる金額ではありませんが、Dさんは将来のことを考えて思い切ったわけです。
業者の話では、入金確認後に諸々の手続きを進めた上で、約半年後には売電収入が得られるとのことでした。しかし待てど暮せど業者からの連絡はありません。
しびれを切らしたDさんは業者に問い合せをしますが、業者はのらりくらりと話をはぐらかすばかり。
騙されたと確信したDさんは、損失覚悟で業者を相手に訴訟を起こすことにしました。
結局、支払った金額を返金することを条件に和解しましたが、お金はまだ返ってきていないそうです。

こんな詐欺が横行するからこそ、業者選びが重要

太陽光発電は、長期的に安定した利益が望める魅力的な投資商品です。長期投資の代表格であった不動産投資と比べても、引けをとらないメリットがたくさんあります。
しかし先進的な分、まだまだ整備が行き届いていない側面も。業者選びで失敗しないためにも、実績面や口コミ評判など、事前に入念な情報収集を行うことが大切です。
太陽光発電投資で頼るべき業者の選び方については、本サイトでもまとめていますので、太陽光発電を検討されている方はぜひそちらもチェックしてみてください。