太陽光発電業者にまつわるトラブル集 太陽光発電設備の除草を怠ると…

TOP  太陽光発電業者にまつわるトラブル集  除草を怠り、発電量が低下していた

雑草が生えてしまえば、太陽光の利率は落ちる

野立ての太陽光発電投資の運用にあたって、意外に軽く見がちなのが、発電設備の土地に生える雑草の処理です。
しかし、雑草の影響は無視できないくらいに大きいものです。もし雑草が伸びに伸び、太陽光パネルに影を落としてしまうと、それだけで発電量は下がってしまいます。
もちろん本人が現地に赴いて処理をする必要はありませんが、契約している業者がそうした細々したメンテナンスをしっかり行っているかどうかは、折を見て確認されることをおすすめします。

雑草で起きたトラブル事例

雑草の画像

雑草が原因で考えられるトラブルについて簡単にまとめてみます。
まず1つ目は、発電量の低下です。発電設備の周辺に生える雑草が、太陽光パネルに影を落とすほど背が伸びると、発電量の低下を招きます。

2つ目は、セルの破損です。太陽光パネルの表面は衝撃に強く作られていますが、裏側は無防備です。パネルの下から生えてくる雑草がコツコツぶつかるだけでも、セルが破損してしまう恐れがあります。

3つ目は、小動物による設備の破壊です。雑草が虫を集め、虫が小動物を呼び寄せ、小動物が発電設備を破壊する、というような、ちょっと信じられないようなトラブルも起こりえます。

いずれにせよ、収益に小さくない影響を及ぼすリスクと言えます。軽視せず、しっかり対策をとることが大切です。

雑草対策にはどんなことをすべきか?

では、雑草対策としては具体的にどういったものが考えられるのでしょうか。以下に簡単にまとめてみますので、もし今後太陽光発電投資を検討されているようであれば、参考にしてみてください。

除草シート

手間のない方法としては、一度設置するだけで雑草が生えてくるのを抑制できる除草シートが挙げられます。
ただ、除草シートを設置しても、止め口から雑草が生えてしまうこともあるため、100%リスクをなくせるわけではありません。

草を刈る

確実性の高い方法としては、草を人力で取り除いてしまうことが挙げられます。ただ、定期的に自分で作業するのは手間ですし、交通費もバカになりません。かといって業者に頼むにしても費用が掛かります。 もしあらかじめ雑草対策について業者と話をしていないようなら、費用対効果をしっかり見極めながら、改めて相談されるとよいでしょう。

コンクリート

手間を掛けず、しかも確実性の高い方法として、土地をコンクリートで覆ってしまうという選択肢も考えられます。
ただこれにはコストが掛かる上、発電効率の低下を招くリスクもあります。というのも、発電設備は熱に弱いため、熱を吸収してくれないコンクリートを敷いてしまうと、看過できない影響が懸念されるのです。
こちらを検討する場合も、コストパフォーマンスを業者と相談の上、対応するかどうかを決定するとよいでしょう。

製鋼スラグ

このほか雑草の抑制に効果的な選択肢としては、製鋼スラグによる防草材があります。製鉄スラグとは、鉄を鋼に加工する過程で出る、締め固め性を持った物質です。これを土地に敷き詰めることで雑草の成長を抑制するわけです。
こちらに関しては、基本的には安全なのですが、一部の業者が有害なスラグを使用したことで、その土地の自治体を巻き込む大きな問題に発展したこともあります。
ある意味では、注目を集めたことで今後より整備が進む可能性が高いのですが、導入の際は慎重に業者を選ばれることをお勧めします。

業者を選ぶ際に必ず除草対策を見よう

除草対策は、収益を左右する重要なポイントです。契約の時点で、管理してくれる業者がどういった対策を採用しているか、しっかりチェックしておくことが大切と言えます。
このサイトでは、そういった業者選びのポイントも解説していますので、太陽光発電に興味がある人はぜひ読んでみてください。