太陽光発電の基礎知識 家庭用太陽光発電の基礎知識

太陽光発電を設置すると電気代が安くなる!?

多くの人が想像するとおり、太陽光発電を設置すると電気代が安くなります。ここでは、なぜ電気代が安くなるのかという基本的な知識や、資金に余裕がある人におすすめの産業用太陽光発電について解説していきます。

自宅に長くいる人は電気代が安くなる

自宅に長くいる生活を送っており、電気も普通に使っているなら、太陽光発電を導入することで月々の電気代を抑えることができます。というのも、使用量が減る(太陽光エネルギーで賄う)ことで電気の契約プランがより単価の安いものに切り替わるから。
もちろん、導入コストと節約できる電気代をしっかりシミュレーションしないと明確な答えはでません。しかしほとんどの人は、数十年単位で電気を使っていくことになります。太陽光発電を利用する期間が長ければ長いほど、得をする可能性も高くなる、というわけです。

共働きで日中は家にいなくても売電できる

太陽光発電=売電というイメージがありますが、自宅用の太陽光発電では、発電した分はまず自宅用として使われます。そして余った分の電力を電気会社に売ることで収益が得られるという仕組みとなっています。 </p class="mb10_25">

日中、家族の誰かが家にいる家庭であれば使用する電気代を節約でき、共働きで誰もいなければ売電で利益を得ることができます。
得られる収益は設備を設置する場所の日当たりに大きく左右されますが、きちんと発電が見込める環境であれば将来的にかなりの金額を節約することができるでしょう。

投資として考えると…

太陽光発電による電力の買取には、発電した分をまず自家用として使い、そこで余った分を買い取ってもらえる余剰買取と、発電した分をすべて買い取ってもらえる全量買取の2つの種類があります。
その主な違いは、発電する設備の出力が10kW以上かどうか。10kW以下は家庭用、10kW以上は産業用、というような区分けがなされています。
たんに電気代を節約したいなら家庭用でよいと思いますが、もし資産運用を考えているなら、産業用の太陽光発電を考えるのも手です。ほとんどの場合、家庭用の太陽光発電よりも初期投資額は大きくなりますし、少々手間も掛かります。しかし10kW以下の設備で余剰買取制度を利用するより、10kW以上の高出力な設備で全量買取制度を利用した方が、大きな利益が期待できます。
もちろんさまざまなリスクはありますが、賃貸不動産などの人が絡む投資と違い、太陽光発電はパネルに日光さえ当たれば収益が見込めます。ローリスクでミドルリターンが期待できる、魅力的な投資分野であることは間違いありません。

土地がなくても大丈夫なのか…?

産業用太陽光発電のメリットは、土地に縛られない点です。家庭用太陽光発電は家の屋根などに設置するため、最初から太陽光発電ありきで設計していないと、施工時に設備を屋根に合わせる工夫が必要です。
しかし産業用の太陽光発電は、分譲されているものを購入する形が一般的です。土地と太陽光発電システム、さらには管理・メンテナンスなどもセットになっているので、手続きさえ済ませてしまえばほとんど手間なく安定的な不労所得を得ることができます。
先進的な分野である分、中には悪徳業者もいますが、太陽光発電の人気の高まりによってそうした業者も淘汰されつつあります。信頼できる業者さえ見抜くことができれば、かなりコストパフォーマンスの高い投資ができるはずです。